フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ショコラティエの仕事内容

ショコラティエの仕事内容

チョコレートのプロ「ショコラティエ」の仕事

ショコラティエの仕事内容

ショコラティエは、チョコレートを専門に扱い、味や形、デザインなどの造形を行う仕事です。チョコレートは温度や湿度などの影響を受けやすい繊細な食材であり、加工には高い専門スキルが求められます。
菓子やデザートを主に扱い、ショコラティエは実際の制作からではなく、その前の構想から担います。作業の流れとしては、企画からはじまり、それに沿ったショコラの配合をした後、さまざまな食材との組み合わせを考えます。そして、レシピがまとまったら、最後に全体のデザインを明確にして制作を行います。自身の考えた洋菓子が、実際の形となる仕事であるため、大きなやりがいを得ることができるでしょう。

ショコラティエの求人特徴

最近では海外のショコラティエの店舗の日本上陸や、日本人ショコラティエの独立が進み、チョコレート専門店の数が増加しています。ショコラティエの主な勤務先は、このチョコレート専門店をはじめとして、ホテルやカフェ、洋菓子ショップ、食品メーカーです。時代のニーズとともに求人数が増えつつあるため、今後活躍の場の広がりにも期待が持てます。
ショコラティエになるには、製菓専門学校や養成スクールで知識・技術を習得し、「製菓衛生士」や「食品衛生責任者」「菓子製造技能士検定」などの資格や検定を取得してから就職を目指すのが一般的です。また、本場の知識や技術を身につけるために、ベルギーやフランスへの留学を目指す方もいます。店舗や留学先で十分な経験を積むことができれば、独立開業も視野に入るでしょう。

ショコラティエに求められる人物像

ショコラティエは、自身が作る洋菓子のクオリティを測るために、できるだけ幅広いジャンルの食事を心がけ、味覚を鍛えなければなりません。食事も仕事のうちとなるため、食べることが好きな人に向いている職業といえます。
また、パティシエと混同されがちですが、ショコラティエはチョコレートの製菓を専門とする職業です。技術を身につけるには大変な労力を要するため、根気強い人が望まれます。一つひとつの作業に真摯に取り組む姿勢が大切になるでしょう。

「ショコラティエの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧