フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ラーメン店の仕事内容

ラーメン店の仕事内容

ラーメン好きの憧れ「ラーメン店」を開くためのステップとは?

ラーメン店の仕事内容

ラーメン店の仕事は、その店独自のこだわりを持ったラーメンを作り、お客様に提供することです。1日の流れは、開店前の仕込みから始まります。開店中はスープ・麺を製造し、お客様に商品を提供する作業がメインとなりますが、少人数の店舗の場合は、作り手自らがレジ打ちや接客業務を行うこともあります。閉店後は清掃や仕込みを行うのが一般的です。さらに経営者の場合、ラーメン作りだけでなく、資金運用や店舗管理、メニュー開発、スタッフのマネジメントといった業務が加わります。

ラーメン店の求人特徴

ラーメン店は全国的に店舗数が豊富であり、比較的に勤務先は見つけやすいと言えます。味を学びたい店舗を決め、修業先に選ぶのもよいでしょう。
入社後はアルバイトやパート、見習いからのスタートが一般的で、経験を積むにつれて、店長への昇格やのれん分けで自分の店を持つといったキャリアアップが見込めます。
ラーメン店を開くには、「食品衛生責任者」の資格と保健所の「営業許可」を取得しなければなりません。開業の決断後は、まず「食品衛生責任者」の資格講座を受講し、あらかじめ資格を取得しておきましょう。

ラーメン店に求められる人物像

ラーメン店では、「食」が好きなことが大前提です。特に店主は独自の味を確立する必要があり、毎日のように試行錯誤を重ねて味を磨いていくことが求められます。そのためには、休日も他店のラーメンを食べ歩き、研究するといった努力も必要となるでしょう。
また、お客様に快適に食べてもらえるような環境作りにも気を配らなければファンの獲得は困難です。味の追求だけでなく、実現したい店のコンセプトに合わせて、気兼ねなく会話を楽しめる雰囲気を作ったり、一人でも入りやすい工夫を凝らすなど、店作りも大切になるでしょう。

「ラーメン店の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧