フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性水族館飼育員の仕事内容

水族館飼育員の仕事内容

あらゆる水生生物を飼育する「水族館飼育員」の仕事内容は?

水族館飼育員の仕事内容

水族館飼育員の仕事は、水族館で飼育している魚や海洋生物の世話をすることです。館内で飼育する全ての個体を世話するわけではなく、基本的には水槽ごとに担当が分けられます。
1日の仕事は、開館前の巡回とエサやりからはじまります。エサやりでは冷凍品を解凍したり、海獣用に魚を捌いたりして、それぞれの個体に合った食べやすい形に揃えてから与えるようにします。これらの作業と並行して、生き物の状態確認も行い、病気の恐れがある個体がいれば隔離などの処置も取ります。生き物が健康に過ごせるよう注意することも大切です。
水族館の営業時間中は、イベント業務をはじめとした接客業務が加わります。閉館後は館内・水槽清掃、飼育記録などを行います。

水族館飼育員の求人特徴

水族館飼育員求人数があまり多いとはいえず、欠員が出たときのみの補完採用というケースが多いため、競争率は高い傾向にあります。全体の傾向として即戦力を求める施設が多いですが、未経験者でもアルバイトやパートから実務経験を積むことができます。
水族館飼育員になるための特別な資格はありませんが、「潜水士」や「ダイビングライセンス」の資格を取得しておくと、スイミングスキルの証明となり、就職が有利になる場合もあるようです。より選択肢を広げたいのであれば、大学や専門学校で専門知識を身につけるのもひとつの手段となるでしょう。

水族館飼育員に求められる人物像

水族館飼育員には、体力があることが必須条件です。大量のエサやりや水中での清掃など、基本的に一日中体を動かす業務を行います。また生き物を扱う職業のため、担当中の個体が病気にかかったときは、早朝・夜間の勤務が発生することもあるでしょう。そのため、タフで体力のある人材は現場で求められています。
さらに、注意深く観察できることも大切です。生き物に異変があったときは、水族館飼育員がいち早く気づかなくてはなりません。普段からきちんと魚たちの様子をみることができ、変わったことがないか確認できる人が望ましいでしょう。

「水族館飼育員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧