フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性リサーチャーの仕事内容

リサーチャーの仕事内容

商品開発や問題解決の陰の立役者「リサーチャー」の仕事とは?

リサーチャーの仕事内容

リサーチャーの仕事は、クライアントの依頼に応じた調査を行うことです。クライアントからの依頼内容は、テレビ番組会社からのネタ探しや裏付け調査、公的機関からの交通量調査や顧客満足度調査など多岐にわたります。
情報収集の方法は、新聞・雑誌・インターネット・取材が一般的です。自身のリサーチ内容がテレビや映画、商品に反映されたり、経営面などの課題解決の材料となったりするため、大きなやりがいを感じられる仕事になるでしょう。

リサーチャーの求人特徴

リサーチャーの主な勤務先はリサーチ専門会社です。ほかには、テレビ番組制作会社や飲食チェーン店、化粧品メーカーなどのリサーチ関連部署で募集がかかることもあります。ただ、いずれも不定期・短期での募集が多いようです。
応募する際の必須資格は特にありませんが、業務の特性上、マーケティング調査を行う業界やコールセンターでの勤務経験がある人は、就職が有利になる場合もあるようです。

リサーチャーに求められる人物像

リサーチャーには、好奇心の強さが必須と言われています。関わる業界は幅広く、専門外の知識に触れる機会が多くなります。どのようなことにも興味を持ち、貪欲に情報を追い求める姿勢が仕事の成果に繋がるでしょう。その際、電話応対スキルや臨機応変な会話力を持つ人材はさらに望ましいでしょう。
また、ある程度の文章力も求められます。調査した情報は基本的にレポート形式で提出するため、要点をわかりやすくまとめる力が必要です。スキル向上のためにも、文章を書くことが苦にならない人がよいと言えます。

「リサーチャーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧