フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性電車運転士の仕事内容

電車運転士の仕事内容

日々の暮らしに欠かせない「電車運転士」になるための方法とは?

電車運転士の仕事内容

電車運転士の仕事は、乗客や貨物を乗せた電車を運転し、目的地まで安全に送り届けることです。電車や電気機関車は人々の身近な交通手段として、または物流の要として生活に欠かせない役割を果たすため、社会貢献度の高い仕事だと言えます。
具体的な仕事内容は、発進前の準備、運転、業務報告、不慮の事故対応です。このうち電車の運転には高い技術力が求められ、天候や乗客率によってブレーキのかけ方や速度を変える必要があります。ダイヤの進捗状況によっては、スピードに配慮して時間通りにホームに到着するよう調節することもあります。

電車運転士の求人特徴

電車運転士の主な勤務先は鉄道会社です。中途採用よりも、毎年の新卒募集で人材を確保する企業が多いため、若手に対するニーズは高いと言えます。鉄道会社によっては、大卒を採用条件と課すところもあります。
鉄道会社に入社後、初めから電車運転士として勤務するのではなく、数年間、駅員や車掌として経験を積むところからスタートするのが一般的です。その後、車掌試験を受け、合格すると、運転士候補に選抜される機会を得られます。選抜後は専門の訓練を受け、「動力車操縦者免許」の取得によって「電車運転士」として勤務できるようになります。

電車運転士に求められる人物像

電車運転士として勤務する上で、判断力は必須条件です。ダイヤの関係や路面状態など、運転において適宜状況判断をする必要があります。予期せぬ事故やトラブルが起こることもあり、運転士の正確な見極めが必要とされる場面は多くあります。常に落ち着いて状況を把握し、冷静に対処できる人が求められます。
また、思いやりがあることも大切です。電車運転士は単に運転業務をこなすだけでなく、利用者とのコミュニケーションも毎日のように発生します。サービス業としての側面も少なくはないために、常に乗客のことを考えて仕事に臨める人がよいでしょう。

「電車運転士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧