フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性カスタマーエンジニアの仕事内容

カスタマーエンジニアの仕事内容

パソコン設定のプロ「カスタマーエンジニア」の仕事内容となり方は?

カスタマーエンジニアの仕事内容

カスタマーエンジニアは、お客様が快適にコンピュータを使用できるように、システムの保守や点検、修理などの管理全般を行う仕事です。カスタマーセンター内で事務作業を担当することもありますが、基本的にはお客様のもとに直接出向くことが多いでしょう。
具体的な仕事内容は、パソコンの初期設定や動作確認、故障箇所の修復や不具合の改善、顧客先の巡回訪問です。ときには、新しい装置の納入と据え付けも行います。また、作業結果やお客様の要望を勤務先にフィードバックし、さらなる製品向上を目指すことも仕事のひとつです。

カスタマーエンジニアの求人特徴

近年はコンピュータの普及が進み、企業だけでなく、多くの人が個人としても所有するようになりました。それに伴い、カスタマーエンジニアの需要は増加傾向にあり、サービスの業務範囲も拡大しています。今後さらなる活躍が見込めるでしょう。主な勤務先は、電子機器メーカーや保守サービス会社、または販売会社のアフターサービス部門となります。
カスタマーエンジニアになるための必須資格は特にありませんが、コンピュータに関する専門知識は必要です。そのため、大学や専門学校に設置されている情報工学や電子工学の修了者か、「システムアドミニストレータ」や「MCP」といった情報処理関連の資格取得者が優遇される傾向にあります。カスタマーエンジニアとしての採用を目指す場合は、取得しておくとよいでしょう。

カスタマーエンジニアに求められる人物像

カスタマーエンジニアには、専門技術も必要ですが、それ以上にコミュニケーション能力のある人が望まれます。直接お客様と接して、システムの使い方や故障の原因など、専門性の高い内容をわかりやすく伝えることが必要になります。また、クレーム対応をするケースもあるため、対人スキルは欠かせない資質です。
また、体力がある人も求められます。担当先の不具合はいつ発生するか分からず、休日や夜間の出勤になることも少なくありません。お客様の都合に合わせた勤務形態となり、不規則な労働時間になりやすいため、心身ともにタフだとよいでしょう。

「カスタマーエンジニアの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧