フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性手話通訳士の仕事内容

手話通訳士の仕事内容

コミュニケーションの橋渡し役「手話通訳士」の仕事とは?

手話通訳士の仕事内容

手話通訳士の仕事は、聴覚に障がいを持つ人が円滑に意志疎通できるよう、「手話」を用いてサポートすることです。健常者の言葉を手話に変換したり、障がいを持つ人の手話を言葉に変換したりして両者のコミュニケーションを手助けします。
手話通訳士のほとんどは福祉関連施設で会話の橋渡しを行いますが、裁判や警察、選挙などの公的機関で活躍することもあります。また意志疎通をサポートするにあたっては、機械的に通訳するだけではなく、相手の立場や気持ちを考えて臨むことが求められる仕事です。

手話通訳士の求人特徴

2015年現在では手話通訳士の募集は少なく、専業とするのは難しいと言えます。ただし、ボランティアの募集は多いので、他の職業に就きながら、ボランティアで手話通訳を行うことは可能です。こうしたボランティア活動は、スキルアップにもつながるといえるでしょう。
主な勤務先は、福祉関連施設や障がい者支援施設となります。介護職や生活相談員などの業務と平行して手話通訳の実績を積むのが一般的です。
手話を用いたサポートを行うための必須資格はなく、技能さえあれば誰でも行えますが、「手話通訳士」を名乗るには認定資格の取得が必要です。手話通訳士になると、政見放送や裁判などの公的な場でも手話通訳を行うことができるようになります。

手話通訳士に求められる人物像

手話通訳を行うにあたって、初対面の人を相手にするケースも多いため、相手の気持ちを考えて、円滑なコミュニケーションをとることができる人が向いています。さらに鋭い観察力を持っていると、手話だけでなく、表情や全体の仕草などから判断し、相手が何を伝えたいのかを正確に読み取ることができるため、より望ましいでしょう。手話通訳士が主に活躍する福祉施設などでは、職員として手話通訳以外の仕事と兼務する人もいるため、手話の技術向上もさることながら、福祉全般に興味を持って勉強を続け、理解を深めていくことが大切です。

「手話通訳士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧