フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性作曲家の仕事内容

作曲家の仕事内容

暮らしを彩る音楽を制作「作曲家」のなり方とは?

作曲家の仕事内容

作曲家の仕事は、アーティストや音楽事務所といったクライアントの要望に沿った楽曲制作を行うことです。歌謡曲をはじめとして、映画やゲームのBGM、学校や会社のテーマソングなど、関わる音楽シーンは多岐にわたります。また音楽業界だけでなくメディアや公共団体から楽曲制作を依頼されることもあります。
具体的な仕事内容は、クライアントとの綿密な打ち合わせにより、方向性やイメージを固めるところから始まります。そのコンセプトに沿った楽曲制作を行い、完成品をクライアントに納品するまでが一連の流れです。

作曲家の求人特徴

作曲家として働く場合、音楽プロダクションやマネージメント事務所に所属するか、フリーランスとして活躍するかの2通りに分かれます。作曲家になるには、「音楽大学や専門学校に通う」「レコード会社主催のオーディションやコンクールで優秀な成績を収める」「自身の音楽活動を通じて業界に入る」といったケースがあります。作曲家の募集は少なく、各種プロダクションの募集を見つけたとしても実績がなければ採用は困難です。コンペなどに自身の楽曲を応募する、インターネットなどに投稿するなどの方法をとり、実績を積んでいくとよいでしょう。

作曲家に求められる人物像

作曲家に求められる資質は、音楽が好きであることです。趣味の範疇ではなく、仕事として毎日音楽と向き合うことになります。音楽漬けの日々を楽しめるような、心から音楽が好きな人でなければ難しいでしょう。
また、根気があることも大切です。楽曲制作は自分の好みではなく、依頼内容に基づいた内容に仕上げることが必要です。クライアントの意向に沿わなければ、作り直すことになります。根気よく修正作業に臨める方が向いている仕事だと言えます。

「作曲家の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧