フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性建築設備士の仕事内容

建築設備士の仕事内容

建築設備の専門家「建築設備士」の仕事内容となり方は?

建築設備士の仕事内容

建築設備士は、建築士に対して建築設備の設計や機能に関するアドバイスを行う仕事です。建築設備は建築物における配管や機械などで構成されたシステムのことで、エアコンや換気扇などの空調設備、水道やトイレなどの給排水衛生設備、照明などの電気設備などを指します。これらの建築設備に関する深い知識を持った専門家が建築設備士であり、建物の設計や建築におけるスペシャリストとも言える仕事です。
あくまでアドバイスを専門にした職業のため、自分で建築設計を担当することはありませんが、設計図書や工事監理報告書に名前が連ねられる点は大きな特徴です。

建築設備士の求人特徴

高層マンションやオフィスビルをはじめとした建築構造の高度化・複雑化が進み、専門家である建築設備士のニーズは上昇しています。主な勤務先は、建築設計会社や建設会社、設備メーカーとなるため、これらに重点を置いて探すと良いでしょう。
建築設備士になるには、国家資格の取得が必須です。受験資格を得るには、大学で建築課程を修めて卒業した人は2年以上、専門学校などで同様に卒業した人は4年以上、高等学校・旧中学校では実務経験6年以上の実務経験が必要となります。

建築設備士に求められる人物像

建築設備士には、強い責任感が求められます。大勢の住民が生活するマンションや公共建造物の建築に関するアドバイスを行うため、社会的責任が発生するからです。利用者にとっての安全と快適さの両方を確保するべく、努める姿勢が必要です。
また、高い向上心も望まれます。建築設備は続々と新しい製品が登場しており、それぞれの機能は日々進化を遂げています。正しくアドバイスを行う立場として、最新情報は常にキャッチしておくと良いでしょう。

「建築設備士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧