フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性旅館仲居の仕事内容

旅館仲居の仕事内容

おもてなしの心が生きる「旅館仲居」の仕事内容と求人傾向は?

旅館仲居の仕事内容

旅館仲居の仕事は、旅館に訪れたお客様のお世話をすることです。業務中は着物を着用することが多く、日本伝統の気配りと接客でお客様が快適に過ごせるようなおもてなしをします。
一日の仕事内容は勤務先によって異なりますが、早朝の朝食準備からはじまるのが一般的です。朝食の時間が終わると、お客様の見送りや客室の布団上げを行い、昼食に向けたセッティングをします。昼食後は、チェックインのお客様のお出迎え・館内案内や、宴会会場のセッティング・準備を済ませ、最後に後片付けを済ませば一日が終わります。ほかにも、調理補助を担当することもあり、旅館業務を多岐にわたって担当する仕事だと言えるでしょう。

旅館仲居の求人特徴

観光地や温泉地を中心に旅館の数は豊富であり、旅館仲居は常に求められています。全国的にも一定のニーズがあるため、ほかの職業と比べても求人情報は見つけやすい傾向にあります。求人情報は、求人ポータルサイトや情報誌で探すことができます。
勤務形態は、正社員からアルバイト、パートまでさまざまな種類があり、住み込みや個室寮完備の勤務先が多いのが特徴です。住み込みや寮で生活をする場合は、日々の食事が提供されるほか、温泉を利用できる場合などもあるようです。
旅館仲居になるための必須資格やスキルは特にありませんが、採用にあたっては礼儀作法が求められます。応募前に一般常識をきちんと確認しておくと良いでしょう。

旅館仲居に求められる人物像

旅館仲居には、体力が必須です。朝早くから朝食の準備に取りかかり、日中は布団上げや配膳など体を動かす業務が増えます。基本的に一日中動き回る仕事内容であることから、心身ともにタフな人が向いていると言えます。
また、サービス精神があるとさらに良いでしょう。お客様をおもてなしするためには、笑顔と心遣いが欠かせません。旅館仲居は旅館の顔であり、自分の接客次第で旅館のイメージが決まります。その自覚を持ち、お客様に最大限のおもてなしができる人が望まれます。

「旅館仲居の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧