フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性スイミングインストラクターの仕事内容

スイミングインストラクターの仕事内容

水泳の楽しさを伝える「スイミングインストラクター」の仕事とは?

スイミングインストラクターの仕事内容

スイミングインストラクターの仕事は、生徒の水泳技術の向上と健康促進を目的として、水泳や水中運動の指導を行うことです。生徒は子どもや高齢者、妊婦などと幅広く、指導内容も初心者向けの基礎レッスンからダイエットを目的としたエクササイズなど多岐にわたります。
主に泳ぐことの楽しさを教える役割を担いますが、間違った泳ぎ方は危険に繋がる恐れがあるため、安全で正しい泳ぎ方の指導も同時に求められます。その上で、水泳技術のレッスン以外にも、プールや生徒の監視など安全対策も担当します。勤務地によっては施設管理や事務作業を行うこともあります。

スイミングインストラクターの求人特徴

水泳は、かねてより健康促進法として注目されていて、幅広い世代になじみがあるスポーツです。そのため、スイミングインストラクターには一定のニーズがあり、インストラクター職においては、比較的間口が広い仕事と言えるでしょう。
主な勤務先は、スイミングスクールやフィットネスクラブ、公共機関のプールです。勤務形態は正職員からパート・アルバイトまでさまざまであり、希望に沿った自由な働き方が望めるでしょう。
スイミングインストラクターになるためには、特定の資格は必要ありません。しかし一定の水泳技術と知識が求められるため、民間資格である「基礎水泳指導員」や「水泳教師資格」の取得を目指すと就職が有利になりやすいです。また、競泳の経験や実績があると大きなアピールポイントになります。

スイミングインストラクターに求められる人物像

スイミングインストラクターは、コミュニケーション能力があった方が良いでしょう。幅広い層の生徒に対して、できるだけ分かりやすく正しい水泳方法を説明するために、誰とでも円滑にコミュニケーションを取れることが求められます。生徒のモチベーションを維持するためにも、水泳の楽しさを伝えることができる人に向いているでしょう。
また、強い責任感を持っていることも大切です。水中は危険が伴うことも多く、ふとした際に大きなトラブルになるケースも有り得ます。この危険性を念頭に置き、常に周囲の様子へ気を配ることができる人が求められます。

「スイミングインストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧