フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ダンスインストラクターの仕事内容

ダンスインストラクターの仕事内容

ダンスの技術と魅力を伝授する「ダンスインストラクター」になるには?

ダンスインストラクターの仕事内容

ダンスインストラクターは、自分が得意とするジャンルを専門にダンスの指導を行う仕事です。ヒップホップやジャズ、バレエ、社交ダンス、エアロビクスなど専門範囲は多岐にわたり、指導を行う生徒も本格的にプロダンサーを目指す人から趣味の範囲で楽しむ人までさまざまになるでしょう。
具体的な仕事内容は、生徒の目的や状態に合わせたダンスプログラムの作成と実際のレッスンです。レッスンでは、ウォームアップにはじまり、動きひとつひとつの指導を行います。また、勤務形態にもよりますが、レッスン以外に接客やスタジオの管理・運営に携わることもあります。

ダンスインストラクターの求人特徴

ダンスは、子どもの習いごとや大人の健康促進法として世間に浸透しはじめており、インストラクターのニーズは増加しています。主な勤務先は、ダンス専門学校やダンススタジオ、フィットネスクラブ、スポーツ養成施設となり、いずれも安定した求人数があります。なかには、イベント会場や舞台、テーマパークに出張したり、個人スタジオを開業する人もいます。
ダンスイントラクターの道のりは、養成施設を経て資格取得を目指すか、プロダンサーとして実績を積む方法が一般的です。ただ、ヒップホップは資格が不要であるのに対し、社交ダンスは専門資格が必須条件であるなど、専門とする範囲によって求められるスキルが異なりますので注意しましょう。ダンスインストラクターを目指す際には、あらかじめ自分の専門範囲と条件を確認しておきましょう。

ダンスインストラクターに求められる人物像

ダンスイントラクターは、生徒を指導する立場として責任感は欠かせません。ケガや事故が起こらないように全体を注意深く見守る必要があります。子どもを預かることも多いため、教育者としての姿勢が大切になるでしょう。
また、指導力があることも望まれます。本人のダンススキルが抜群であっても、人に教える技術が優れているとは限りません。初心者・経験者に関わらず、誰にでもわかりやすく伝えることができる能力は、インストラクターとして活躍するための重要な適性と言えます。

「ダンスインストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧