フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ピラティスインストラクターの仕事内容

ピラティスインストラクターの仕事内容

生徒の健康を促進する「ピラティスインストラクター」のなり方は?

ピラティスインストラクターの仕事内容

ピラティスインストラクターの仕事は、ピラティスを通じて生徒の心身を健康へと導くことです。ピラティスはほかのエクササイズよりも体幹筋肉強化の側面が強く、ダイエットやリハビリ目的で行う人が多い傾向があります。
実際のレッスンにはさまざまな方法があり、生徒の状態や目的に応じたプログラムを計画して、提供します。初心者には基本的な呼吸法やコアガードルを、ダイエットが目的の場合には骨盤矯正やエクササイズを行うなど、生徒が望む効果が得られるようにメニューを組むのが一般的です。
また、指導を進める過程において、グループレッスンや個人レッスンの形式を取ったり、初級クラスや上級クラスに分けるなどして、指導内容をより明確化することもあります。

ピラティスインストラクターの求人特徴

美容や健康に関心が高まる近年、各種エクササイズに取り組む人は増加しています。ピラティスもそのひとつであり、インストラクターの需要は高まりつつあります。
主な勤務先は、ピラティスやヨガの専門スタジオ、フィットネスクラブ、スポーツジムなどのスポーツ関連施設ですが、個人契約を結んだり、地域施設を借りてレッスンを提供する人もいます。経験を積めば、独立開業や個人スクールを開講する道も見えてくるでしょう。
ピラティスインストラクターになるには、各団体が認定する民間資格を得なければなりません。民間資格であるため、種類は多岐にわたりますが、どの資格でも一定の効力があります。自分の目的に適している資格を目指すと良いでしょう。

ピラティスインストラクターに求められる人物像

ピラティスイントラクターには、健康な体作りを指導する立場として、自身の健康管理がきちんとできていることが前提です。生徒に元気を与え、モチベーションを上げられるように、レッスン中はもちろん、レッスン以外の場面でも生徒と会話を楽しめるようなコミュニケーション力があると、なお良いでしょう。
また、生徒の心と体を改善していくにあたり、就職後も新しい技術や情報をきちんと学び続けられる勉強熱心な人が向いています。自分が指導を行う上でもひとつの成長材料となるため、エクササイズ全般の情報収集は欠かさないようにしましょう。

「ピラティスインストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧