フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性動物園飼育員の仕事内容

動物園飼育員の仕事内容

動物達に寄り添う「動物園飼育員」の仕事内容となり方とは?

動物園飼育員の仕事内容

動物園飼育員の仕事は、動物園の運営業務です。具体的には、複数種の動物を収容する動物園やサファリパークなどの動物テーマパークや熊や猿のみの専門動物園などにおいて、動物の健康管理、給餌、清掃、来園者への円愛ガイド、動物生態の研修活動などに従事します。
ショーなどを行っている動物園で働く場合は、調教やトレーニングを行うこともあります。担当する動物によって、単体で飼育しなければならない動物や集団で飼育しなければならない動物、夜行性の動物などが存在し、飼育業務において留意すべき点がそれぞれ異なります。
また複数種の動物の飼育を担当したり、勤務する動物園の規模が大きさに比例して、飼育する動物の種類も増えることが多いため、動物の様子をつぶさに観察しながら、多様な飼育方法で対応していきます。

動物園飼育員の求人特徴

動物園飼育員になるためには、高等学校を卒業した後、大学で獣医、畜産、生物学などを学ぶか、専門学校で動物飼育を学ぶことが必要です。その上で、公務員試験を受験し、公立の動物園に就職するか、私立動物園の採用試験を受験します。
常時採用枠がある職業ではないため、場合によっては全国的に求人を探す必要もあります。寮や社宅がある場合があるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。土日祝も勤務するシフトとなります。
勤務する時間帯は早朝から夕方が多く、夜行性の動物の担当の場合は夕方や夜間勤務する場合もあるでしょう。

動物園飼育員に求められる人物像

専門学校や大学で専門知識を学んだとしても、動物飼育員はそれだけの知識で務まる仕事ではありません。飼育員は動物をよく観察し、個体ごとに適した飼育方法をとるといった工夫をすることが求められます。
もし動物に異変があったときにもすぐ気付くことができるよう、漫然と「餌をやる、掃除をする」のではなく、普段から「動物が何を考えているのか、どういう状態なのか」を自分なりに考え、理解しようとする姿勢が大切です。また、不規則勤務になるケースや力仕事を行う場面も多いいため、体力が求められる仕事といえるでしょう。

「動物園飼育員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧