フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性CGデザイナーの仕事内容

CGデザイナーの仕事内容

最新技術であらゆるものをデザイン「CGデザイナー」の仕事内容とは?

CGデザイナーの仕事内容

CGデザイナーは、コンピュータの専用ソフトを用いて、画像や図形などのグラフィックデザインを行う仕事です。CGには2Dや3D、さらにはアニメーションも含まれるため、取り扱う内容は幅広いと言えます。例えば、アニメやゲームのキャラクター、住居モデルや自動車モデル、さらにはインテリアやファッションといった分野においても、CGデザイナーの技術が用いられます。
具体的な仕事の流れは、モデリングと呼ばれる作成物の形状データを、コンピュータにインプットさせる作業からはじまります。読み込まれた形状データに、質感データや光源データを加え、調整を繰り返しながら立体や空間を作り上げます。
全体のデザインが固まった後は、必要に応じて効果や動きを追加して、ひとつの作品として完成させます。
基本的には1人で上記の工程を担当しますが、複雑なCGの場合は数人でチームを形成したり、分業して作業にあたるケースもあります。

CGデザイナーの求人特徴

CGデザイナーの仕事内容

コンピュータ技術の発達、インターネットをはじめとするメディアの浸透などにより、CGを用いたコンテンツは急増しています。それに伴ってCGデザイナーのニーズも高まりつつあり、テレビや映画、アニメ、ゲーム、アパレル、建築関係などあらゆる分野で活躍できる見込みがあります。主な就職先は、CG制作専門企業、アニメ・映像制作会社、ゲーム開発会社、デザイン会社です。
CGデザイナーになるためには、取得必須とされる特定の資格はありません。しかし、専門的な知識と技術が必要となるため、大学や専門学校の養成コースで技術を身に付けておくことが一般的です。
なかでもコンピュータ関連の学科やデザイン学科など、工学分野の知識を有していると就職の際に、アピールポイントとなる場合もあります。

CGデザイナーに求められる人物像

CGデザイナーにはセンスやデザイン性も必要ですが、同様に向上心も大切です。トレンドが刻々と変化する業界であり、常にアンテナを張り巡らせて、新しい手法にも柔軟に対応していくことが求められます。受け身に回らず、自分から積極的に情報を仕入れる姿勢を持って取り組めるとよいでしょう。また、根気強さも欠かすことのできない適性です。
CGデザインの仕事は、細部にわたる緻密で地道な作業の積み重ねであり、完成を目指して毎日のように、コンピュータに向かい、同じ作業を繰り返すこともあるでしょう。
飽きずに作品をコツコツと仕上げられる人、一定のクオリティを保って取り組み続けられる人は、CGデザイナーに向いていると言えます。

「CGデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧