フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性アクチュアリーの仕事内容

アクチュアリーの仕事内容

保険における数理業務のプロ「アクチュアリー」とはどんな仕事?

アクチュアリーの仕事内容

アクチュアリーは、保険や年金の料金を取り扱い、商品開発に携わる専門家です。保険が取り扱うサービスは、事故や災害など不確実な事象を対象としており、適正な金額を設定しなければ商品として成り立ちません。そこで、確率論や統計学などの数理的な手法を用いて、料金の適正金額を算出するのがアクチュアリーの仕事です。別名「保険数理人」とも呼ばれる数理業務のプロフェッショナルです。
具体的な仕事内容は、保険関連資料の分析や事故発生率の調査からはじまり、調査後は保険商品の収支を予測して、保険料の算定を行います。また、保険会社の選定により、決算時に法に基づいた経理の確認業務を行うこともあります。

アクチュアリーの求人特徴

保険または年金は国に定められた義務であり、それらの専門家であるアクチュアリーには常に一定の需要があります。主な勤務先は、保険会社や信託銀行、官公庁となり、そのほか、証券会社や弁護士事務所、監査法人などでも活躍できます。
アクチュアリーになるには、日本アクチュアリー会が実施する資格試験に合格し、正会員資格を得なくてはなりません。受験資格は大学卒業者または同等以上の者となっています。独学では取得水準に達するのは難しく、保険会社や信託銀行に就職して、実務経験を積みながら勉強を続けた後に、試験に挑戦する人が多いようです。

アクチュアリーに求められる人物像

アクチュアリーは、数字に強いことが必須条件です。数理を用いた複雑な計算を行う仕事であり、数学理論に精通している人や数字を自由に操れる人に向いています。さらに、保険商品にもトレンドがあるため、就職後も新しい知識を学び続ける向上心も欠かせません。
また、責任感があることも望まれます。保険や年金は人々の生活に関わる大切な要素であり、人の一生を左右することもあります。数十年先の契約を扱うことも少なくはないため、責任を持って仕事に臨む姿勢が求められるのです。
目の前の数字だけではなく、その背景にある人々の暮らしを考えて検討する姿勢が大切になるでしょう。

「アクチュアリーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧