フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性派遣コーディネーターの仕事内容

派遣コーディネーターの仕事内容

仕事をプレゼンし、マッチング!「派遣コーディネーター」

派遣コーディネーターの仕事内容

派遣コーディネーターの業務は、派遣社員として仕事を探している方へ、時給・勤務地・職種など希望条件をヒアリングし、自社で有している求人をマッチングさせ、仕事を紹介することです。
さらに、求人を出している会社を抱えている担当営業へ連絡し、空き状況や求職者の紹介を行い、実際に求職者が仕事を始めるまでサポートします。求職者が派遣社員として入職した後も、派遣先での就業状況を定期的にヒアリングし、必要に応じてフォローを行う業務もあります。登録者と面談も行います。面談では、キャリアやスキル、場合によっては前職の退職理由を伺うこともあります。営業や他のコーディネーターと連携して業務を進めていく形が一般的です。

派遣コーディネーターの求人特徴

派遣コーディネーターとして勤務する上で必要とされる資格は存在しません。求人件数は比較的多く、正社員から契約社員、派遣社員での時短勤務のものまであるため、希望する雇用形態を選択しやすいでしょう。業務未経験でも就業が可能です。
人事部で人材採用に携わった経験や、人材紹介・派遣会社での営業・コーディネーターとしての経験があれば採用の際にアピールポイントになるでしょう。コーディネーターが営業としての側面を持つ場合もあるため、達成賞与等の支給がある企業もあります。勤務時間帯は、平日9時~18時が一般的で、土日は休みです。
面談等で多少の残業が発生する場合がありますが、基本的に少なめです。全国に支社がある企業の場合は転勤を求められる場合もありますので、面接の際に確認しておくと良いでしょう。研修は座学よりも、OJTで学ぶことが多いようです。

派遣コーディネーターに求められる人物像

社内外の人と接することが多いため、コミュニケーションスキルは必須です。派遣コーディネーターは、求職者へ派遣先の仕事内容や勤務条件を説明するため、プレゼンテーション経験やスキルも必要とされます。
会社周辺の雰囲気や通勤時間、経路を把握し説明できると、登録者が具体的にワークライフを想像できるので、都心部や周辺の地理に詳しいと業務を進めやすいでしょう。

「派遣コーディネーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧