フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性フラワーデザイナーの仕事内容

フラワーデザイナーの仕事内容

日々の暮らしに花を添える「フラワーデザイナー」

フラワーデザイナーの仕事内容

フラワーデザイナーとは、冠婚葬祭用などをはじめとして、顧客よりオーダーされた花のデザイン、製作、セッティングのほか、店舗での売買を行う仕事です。結婚式などの場合、使用するブーケや、会場に飾る花のデザインに関して、お客様と打ち合わせを行い、構成や色どりを詳細に決めていきます。
その後、指定の日時に合わせて完成させた花を納品します。オーダーを受ける段階については、受注の専門業者も存在しますが、店舗に直接注文が入った場合は、これら一連の業務をすべて担います。
店舗内では接客・販売を主に行い、具体的には商品の補充やポップ製作、鉢物の手入れ、切花の手入れ、配達などを行います。キャリアを積んだ後に、独立・開業する方も存在します。

フラワーデザイナーの求人特徴

フラワーデザイナーの求人には、経験を問わない募集もあります。国家資格である「フラワー装飾技能士」や、「フラワーデザイナー」と言われる民間資格が存在しますので、これらの資格を取得することで業務に関する知識をアピールすることが可能です。
正社員になるためには、アルバイトから経験を積み、正社員登用制度を利用する流れが一般的です。配達業務も担えるよう、運転免許を取得していると良いでしょう。勤務は一般的にシフト制となります。早朝から夕方までのシフト、昼から夜までのシフトが基本となることが多いです。
業務研修会や花についての勉強会など、スキルアップを支援するプログラムを用意している企業もあるため、あらかじめ有無を確認しておくと良いでしょう。

フラワーデザイナーに求められる人物像

地域の花屋などで勤務する場合は、コミュニケーション力が最も大切な要素です。近隣の方々とのコミュニケーションはビジネスチャンスにもつながるため、日常的に挨拶や会話を行いましょう。
店舗を訪れたものの何を買うべきか決めかねているお客さまへの提案する機会も多くありますので、普段から研修会への参加や展示物などを観賞を積極的に行い、アイディアを蓄えておく必要があります。
お客さまの予算、求めるお花の種類、デザイン、必要な時間帯を伺い、満足いただける商品を提供できるよう、日々スキルを磨いておく努力も大切です。

「フラワーデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧