フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性アナウンサーの仕事内容

アナウンサーの仕事内容

さまざまな情報を届ける「アナウンサー」の仕事内容

アナウンサーの仕事内容

アナウンサーとは、主に全国の都道府県にある放送局やラジオ局に社員・職員として勤務し、番組に出演してニュースや生活情報、スポーツに関する情報を伝える仕事です。具体的な仕事の流れとして、まず出社し、メールをチェックします。
その日のスケジュールを確認します。その後、番組の打ち合わせに参加し、ニュース担当のアナウンサーの場合は原稿読みなど、放送に備えた事前準備を行います。番組収録を終えた後、アナウンス室へ戻り報告書を作成、書類整理など事務作業を行い、明日のスケジュールを確認して1日の仕事を終えます。
日によってはシフト勤務や、夜勤をすることもあります。終電過ぎに帰宅する場合は、タクシーで帰宅し、夜勤を行う場合は、番組を放送していない時間帯は仮眠室で仮眠をします。

アナウンサーの求人特徴

アナウンサーとして勤務する場合、四年制の大学以上を卒業していることが条件です。また、その他必要な資格はありません。就職試験を受ける前にアナウンススクールへ通い、アナウンスに必要な技術を身につけるのが、一般的です。
アナウンサーも会社員として勤務しているため、制作などに異動をする場合があります。

アナウンサーに求められる人物像

アナウンサーには、原稿を正確に読み上げる技術と、トラブルに動じない平常心が求められます。また、華やかなイメージがある一方で、担当番組によっては早朝や夜間の勤務をする必要があり、そういった勤務に耐えることが出来る体力も求められます。

「アナウンサーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧