フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ピアノ講師の仕事内容

ピアノ講師の仕事内容

音楽の楽しさを伝える!「ピアノ講師」の仕事内容

ピアノ講師の仕事内容

ピアノ講師とは、ピアノで演奏する楽曲に関しての演奏技術を受講者に指導する仕事です。クラシック、ジャズなど、さまざまなジャンルの楽曲を扱います。アルバイト雇用の求人が多く、週1~5日まで希望の勤務日数を選択することが可能であるケースが一般的です。
勤務はシフト制のものが多く、主にお昼過ぎから夜の21時くらいまでの時間帯を対象としています。アルバイト雇用の場合の報酬は時給制で、他の雇用形態では月給制などもあります。勤務地は音楽教室やミュージックスクールです。規模の大きいチェーンなどに勤める場合には、複数の教室でレッスンを掛け持ちして担当することもあります。
どのチェーンにも指導マニュアルが用意されていることが多いですが、個人経営の教室での勤務や個人指導のレッスンなどを行う場合には、自分なりのメソッドを教材や実技で教えることも可能です。

ピアノ講師の求人特徴

ピアノ講師として勤務するにあたって必要な資格はありません。しかし、音楽大学や音楽専門学校の在校生や卒業生であると、採用の際にアピールポイントとなるでしょう。指導経験の有無で給与ベースが変化するのも特徴のひとつです。
指導経験がある場合は、即戦力とみなされることが多いようです。一定期間、ミュージックスクールなどで勤務し、経験を積んだ後で、独立・開業を目指すケースもあります。

ピアノ講師に求められる人物像

ピアノ講師として必要な資質は、演奏方法を教授するための専門的な技術を身につけていること、そして生徒に分かりやすく指導する力です。
そのほか、生徒のやる気を引き出し、上達へと導くことができるよう、音楽の楽しさを感じてもらうためのレッスンを構成するスキルがあると、さらに良いでしょう。

「ピアノ講師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧