フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ゲームプランナーの仕事内容

ゲームプランナーの仕事内容

企画・発信力が大切!「ゲームプランナー」として働くには?

ゲームプランナーの仕事内容

ゲームプランナーとは、ゲーム内容の企画立案から完成までに発生する様々な作業に関わる仕事です。面白いゲームコンテンツに関するアイデアを出し、それを具体的に実現するためにどのような業務が発生するか、洗い出し、その作業を行う部署と打ち合わせを行い、業務を切り、振り分けます。
企画が動き出した際には、各部署の報告をまとめ、陣頭指揮をとっていく仕事を担います。発端となるアイディアを出し、提案する場面では、考え出したコンテンツの面白みを分かりやすく伝えて提案し、伝えることが大切です。
そのほか、ゲームプランナーには資金面を考慮するバランス感覚と、トレンドやマーケットを分析する力が求められます。勤務は基本的に平日5日間で、土日祝は休日となっています。

ゲームプランナーの求人特徴

ゲームプランナーとして勤務する際に、必須となる資格はありませんが、ゲームプランナー養成学校なども存在しているため、ゲームが完成していく課程を学んでおくと良いでしょう。
SEやウェブデザイナー、サウンドクリエーターといった職業の人々とチームで仕事をすることが多いため、細かな進捗管理や完成物の評価、フィードバックなどでバランスを取ることができる人材が求められます。求人は比較的に多く存在しており、業務経験者で実績のある方は優遇される場合があります。
未経験でも採用枠がある企業もあるので、業界問わずプロジェクトの運営経験があるなど、リーダーシップを発揮した実績があると、アピールポイントになるでしょう。

ゲームプランナーに求められる人物像

ゲームプランナーに求められるのは、ゲーム業界の経験よりも、前向きな姿勢で周囲を巻き込んで仕事を行うことができたり、自ら発案して発信していくなど、自発的に行動できる点です。
そのために、日々情報を吸収する向学心を持ち合わせていることも重要な要素のひとつと言えます。

「ゲームプランナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧