フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性アートディレクターの仕事内容

アートディレクターの仕事内容

作品のビジュアルを統括する「アートディレクター」とはどんな仕事?

アートディレクターの仕事内容

アートディレクターとは、メディアにおけるビジュアル面の責任者です。雑誌や広告、webサイト、舞台などあらゆる制作物における視覚的表現の総合演出を担当し、商品デザインやプロモーション、マネジメントなど幅広く手掛けます。基本的にはクライアントの要望に応える形でコピーライターやデザイナーといった専門職のスタッフをセッティングしますが、自分自身が企画を担当することもあります。
具体的な仕事内容は、クライアントやプロデューサーとの打ち合わせや作業の統括です。
打ち合わせではイメージに合う視覚的表現を考案し、デザイナーやフォトグラファーに指示を出し、作業の統括では全体の進捗を随時確認しながら、ひとつの作品を総合的にディレクションします。

アートディレクターの求人特徴

インターネットの発達により、メディアが用いられるシーンは増加傾向にあります。それに伴いアートディレクターの需要も高まりつつあります。活躍の場は、広告代理店や制作スタジオ、ゲーム制作会社など多岐にわたります。
責任者という立場上、業界やディレクター業務の経験者が優遇されやすいです。しかし、未経験者の募集を行う企業も多く、その場合は現場での実務経験を積んだ上で、統括業務を任せられるのが一般的なようです。

アートディレクターに求められる人物像

アートディレクターには、積極性のある人が望まれます。さまざまの依頼に応えられるように日ごろから外出や勉強を行い、新しい情報を取り入れることで、豊かな発想を保ち、多くのアイディアを常にストックしておく必要があります。思いついたアイデアを仕事の現場において提案するシーンにおいては、自ら的確に発信する力も重要な資質です。
また、決断力のある人も求められます。よい作品を生み出すためには、前例のないアイディアを取り入れたり、思い切って方向転換することが必要になることもあるでしょう。
ときに難しい判断を迫られるような状況でも、しっかりと決断できることが大切です。

「アートディレクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧