フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性塾の仕事内容

塾の仕事内容

生徒の成績向上をサポートする「塾講師」の具体的な仕事内容

塾の仕事内容

塾講師は塾に通う生徒の成績を上げ、志望校へ合格させる仕事です。塾講師の仕事は主に、生徒の指導・管理、保護者への報告、教室の運営の3つに分かれます。
講師は得意な科目を中心に生徒へ直接指導を行います。1対1、1対2の個別指導や集団授業等、指導方法も多岐にわたります。経験を重ね、昇格すると、在籍する講師のスケジュール管理、生徒の保護者へ授業内容の報告や開講科目のPRや契約、教室の収支管理等、営業やマネジメントの要素が加わります。室長は実際に授業をする場合と教室運営のみを行う場合とに分かれます。
一方で講師として実績を挙げ、評判を呼べば、参考書や問題集の監修や講演会の実施等を行うことも可能です。

塾の求人特徴

基本的には4年制大学卒業以上の学歴が求められる場合が多いようです。TOEICや英語検定、漢字検定等、学生が受検する検定試験でハイレベルのスコアをとっている場合なども、採用においてアピールポイントになります。
学生時代の留学経験や塾講師としてアルバイトの経験等があるのも良いでしょう。塾講師の勤務時間は学校のスケジュールに合わせるため、お昼過ぎから夜遅くまでが一般的です。
また、土日祝は出勤し、基本的に休日は平日になります。冬休み等の受験シーズンは繁忙期のため、受験の試験日程が終了した3月下旬の時期に休暇をとるというケースも多いようです。

塾に求められる人物像

塾は人と関わることが多い職業です。生徒や保護者、アルバイト講師等、老若男女問わず円滑にコミュニケーションをとる能力が求められます。時には生徒を叱咤し、励ます情熱や、必要に応じて保護者に対しても毅然とした態度で実情を話すことができる、冷静さも必要です。
受験問題や傾向の分析も主な仕事の1つです。わかりやすく生徒へ指導することはもちろん、オリジナルのテキストや問題集を作成し、生徒の弱点を補うといった、きめ細かな指導も求められます。そのためには、分析力と論理的思考力が重要な資質と言えます。
また、繁忙期である受験シーズンには、通常でも夜遅くまでの勤務、受験に向かう生徒に付き添うといったことも行うため、、精神的・身体的なタフさも備えておきたいところです。

「塾の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧