フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性デコアーティストの仕事内容

デコアーティストの仕事内容

小物をきらびやかに飾る「デコアーティスト」のなり方とは?

デコアーティストの仕事内容

デコアーティストの仕事は、ラインストーンやビーズを用いて装飾を施すことです。主に携帯電話や鏡、ポーチやペンなどといった小物をデコレーションします。デザインのバリエーションはハートやキャラクター、ネームなど多岐にわたります。
基本的にお客様の私物を預かり、お客様の要望に合わせたデコレーションを行います。自分で考案した、もしくはお客様からお預かりしたデザイン図をもとに、ラインストーンやビーズ、スワロフスキーなどを組み合わせ、エアブラシでペイントを施しながら模様や図柄を描きます。
近年ではオーダー内容も多様化しており、携帯型ゲーム機や自転車などにデコレーションを施すこともあるようです。

デコアーティストの求人特徴

スマートフォンの普及により、デコレーションの需要は上昇しています。職業の知名度も広がりつつあるため、ニーズは徐々に増加傾向にあると言えます。
主な就職先は、デコアート専門ショップや雑貨屋、アクセサリー店です。なかには、自分で独立開業を行うケースもあるようです。また、副業として本業の合間に自宅で依頼を受ける人もいます。
デコアーティストになるために必須となる資格は特にありません。しかし依頼を受けるためには高い技術や知識が必要です。プロとして活躍するには、養成講座や通信講座でテクニックを磨くか、専門ショップなどでアルバイトをしながら経験を積むのが一般的です。

デコアーティストに求められる人物像

デコアーティストには、細かい作業が好きな人に向いています。ピンセットを使って小さなビーズやラインストーンなどを隙間なく並べる作業が続くため、細かい作業が苦にならない人でなければ難しいでしょう。 さらに、根気がある人が望ましいです。
作業途中で集中力が切れてしまえば、ビーズがずれたり、接着剤がはみ出したりしてしまいます。少しのミスが全体の完成度に繋がるため、常に一定の品質を保ち、コツコツと作品を仕上げられる人に適していると言えます。

「デコアーティストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧