フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性音楽療法士の仕事内容

音楽療法士の仕事内容

音楽の力で回復をサポート「音楽療法士」の仕事内容とは?

音楽療法士の仕事内容

音楽療法士の仕事は、音楽が人に与える心理的・生理的効果を専門的な観点から応用し、心身に障がいがある人のリハビリや機能回復の手助けをすることです。福祉や介護、医療の現場で活躍しており、高齢者や精神障がい者などが主な患者となるでしょう。
脳障がい後遺症も音楽療法によって改善可能とされており、脳性まひや小児まひ、自閉症患者を担当することもあります。具体的な仕事内容は、患者へのヒアリング・状態観察、患者に合わせた音楽プログラムの計画・実行です。
音楽を聞いてもらったり、患者本人に歌ってもらったり、ときには楽器を演奏したり、音楽に合わせて運動したりもします。業務を行う上では、ほかの医療従事者と連携を取り、治療やリハビリの支援を行う場合が多いです。

音楽療法士の求人特徴

音楽療法士になるには、民間認定資格である「認定音楽療法士」や「音楽療法士1種・2種」の取得が欠かせません。取得には専門の養成学校で教育を受けるのが一般的です。取得後の勤務先については、病院やリハビリテーションセンター、高齢者・障がい者福祉施設、特別支援学校が挙げられます。
ただし、資格の国内認知度が低いため、求人はあまり多くありません。目指す際には、業界の動向を注意深く確認する必要があるでしょう。しかし、現代では心のケアや精神療法に注目が集まっており、今後音楽療法士の地位が向上する可能性は充分にあると言えます。

音楽療法士に求められる人物像

音楽療法士には、思いやりのある人が向いています。現場で患者と接し、悩みや問題を正面から受け止めなくてはなりません。問題を改善に導いていく立場として、常に心に寄り添っていく資質が求められます。患者のために力を尽くしたいと心から思える人、どうすればよりよい状態になるのかを真剣に考えられる人に適しています。
また、協調性があることも大切です。ほかの治療と連携を取るケースが多いため、医師や看護師、介護士と円滑にコミュニケーションを取らなければなりません。医療チームの一員として欠かすことのできない資質になります。

「音楽療法士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧