フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナーの仕事内容

小物から空間まで幅広くデザインする「インテリアデザイナー」の仕事内容

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナーとは、一般家庭の住居、マンションや企業のオフィス、待ち合わせロビーなど、様々な室内のレイアウトを行う仕事です。依頼者と打ち合わせを行い、希望条件をヒアリングしてデザインを提案します。また、必要に応じて、建築士や施工業者らととも打ち合わせを行い、要望を伝え工事を依頼します。
家具などのインテリア用品をデザインする業務もあり、専門を決めて求職をすると良いでしょう。企画や提案、基本設計から依頼に携わることがあるため、インテリアデザイナーとしての仕事内容は多岐にわたります。まず、建築設計事務所などに籍を置き、業務を行います。やがてキャリアを積み、独立・開業を行って個人事務所を設立するキャリアプランも存在します。
勤務時間はシフト制で、担当する領域によって休日や勤務時間帯が変化することが多いようです。

インテリアデザイナーの求人特徴

インテリアデザイナーとして勤務するには、「インテリアコーディネーター」、「インテリアプランナー」「インテリア設計士」「建築士」などの資格を取得しておくことで、採用の際にアピールポイントとなるでしょう。
専門的な知識が必要とされるため、大学の工学系や芸術系、所定のコースがある専門学校で学び、卒業することが大切です。求人は比較的正社員のものが多く存在しており、業務経験者は優遇される場合もありますが、業務未経験者の採用を行っている企業もあります。

インテリアデザイナーに求められる人物像

インテリアデザイナーとして大切なのは建築や設計に関する専門的な知識のほかに配色や造形などのセンスです。コミュニケーション能力も重要な要素で、依頼者の要望をヒアリングするだけでなく、デザイン例を提案することで、依頼者の隠れた要望も引き出すことができると良いでしょう。
締め切り日から逆算して建築や工事部門と調整するマネジメント力も必要です。

「インテリアデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧