フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性メイクアップアーティストの仕事内容

メイクアップアーティストの仕事内容

美意識の高さが重要!「メイクアップアーティスト」の仕事とは?

メイクアップアーティストの仕事内容

メイクアップアーティストの仕事は、主にテレビや雑誌、映画などの出演者にヘアメイクを行うことです。基本的にメイクアップとヘアスタイリングの両方を行い、場合によってはネイルや衣装、肌ケアなども担当します。「美」に関するトータルサポートを行うプロフェッショナルであると言えるでしょう。
メイクアップアーティストの活躍する場は多岐にわたるため、状況に応じて仕事内容は変化します。共通するのは、メイク道具の選定・準備、ヘアセットにメイクです。
出演者の撮影終了後には、片付けのほか、次回の打ち合わせを行うこともあります。

メイクアップアーティストの求人特徴

メイクアップアーティストが活躍する場は、テレビや雑誌のメディア以外にも、舞台現場やファッションショー、ブライダル、エステサロンなど幅広く、求人数は安定しています。
主な就職先は、ヘアメイクプロダクションや化粧品メーカー、ブライダルサロンです。美容に関わる総合的な職業であり、就職の窓口は広くなります。就職先を選ぶ際には、自分がどこで活躍したいのかを十分に吟味するとよいでしょう。
技術力が求められる仕事なので、即戦力であるほど重宝される傾向にあります。特に経験者は優遇されるようです。未経験の場合は、専門学校で基本的な知識を身に付けたり、アシスタントからスタートして経験を積んだりするのが一般的です。

メイクアップアーティストに求められる人物像

メイクアップアーティストには、優れた観察力が求められます。一口にヘアメイクを施すといっても対象者の個性や状態はそれぞれ異なるため、その人に合った魅力を引き出さなくてはなりません。そのため、より美しく見せるためにはどこに力を注げば良いのか、一瞬で判断できる能力が必要です。
また、体力があることも条件のひとつです。特にメディア関係で活躍したいと考えている場合、撮影が早朝から深夜までかかることもあります。メイク道具一式は重量があり、それらを持ち運ぶにもタフさは欠かせません。

「メイクアップアーティストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧