フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性キャビンアテンダントの仕事内容

キャビンアテンダントの仕事内容

機内のおもてなしのプロ!「キャビンアテンダント」の仕事内容

キャビンアテンダントの仕事内容

キャビンアテンダントとは、航空機内の客室乗務員です。フライトアテンダント、キャビンクルーと呼ばれることもあります。具体的な業務として、まず機内で乗客を迎えた後、注意事項を説明し離陸に備えます。離陸後は飲食物や、新聞、雑誌を販売するため機内をラウンドします。
万が一トラブルが発生してしまった場合には、乗客を誘導し、安全確認をする業務もあります。勤務地は搭乗便によって変化し、勤務時間や休日は原則不定となります。
代休などで企業が休日日数を調整することがあります。場合によっては、海外に滞在することもあり、長時間の搭乗による勤務となる場合もあるため、様々な状況にさらされても、キャビンアテンダントとして常に冷静に振舞うことができる知識や体力が求められます。

キャビンアテンダントの求人特徴

キャビンアテンダントとなるためには、専門学校や大学などで学び、採用試験を受験し、合格する必要があります。採用試験の内容は面接、筆記、英会話で、英会話に関しては日常ビジネス英会話程度の習熟度を求められます。専門学校には養成コースがあるためより実践的な内容が学べます。
自分の希望に合った学校を選んで入学すると良いでしょう。採用試験に合格した後に国内外の航空会社へ就職し実習を行います。実習が修了して初めて、現場でキャビンアテンダントとして勤務します。キャビンアテンダントの求人は比較的少ない傾向にあります。
しかし、近年では時給制の契約社員からスタートして正社員になるキャリアパスが可能となってきているため、まずは契約社員としてキャリアを積み、正社員登用を目指すという選択もあります。職務経験は無い方が多く、研修制度を利用してキャビンアテンダントとしての実務の勉強をするのが一般的です。

キャビンアテンダントに求められる人物像

求められる人物像は、日本語に加え、英語でのコミュニケーション能力を兼ね備えている人物です。機内では対面での接客となるため、乗客の要望を理解し、適切に対応するための語学力が求められます。
また、乱気流や体調不良者の発生といった緊急時にも乗客をしっかりと誘導することができるよう、責任感や冷静さ、判断力も必要とされます。外国に長時間滞在する必要があるため、基本的な体力も大切な要素です。

「キャビンアテンダントの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧