フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性声優の仕事内容

声優の仕事内容

華々しさの裏に努力あり!「声優」の仕事内容とは?

声優の仕事内容

声優とは、字幕映画や音声メディア、アニメーションなどに音声を吹き込む仕事です。同時に複数の番組に出演している場合には、1日で複数の現場へ出向き、収録を行うこともあります。定期的に放送される番組に出演している場合などは勤務地が同じスタジオとなります。
休日は不定休で、番組に多く出演本数によるでしょう。報酬は歩合給の場合、こちらも出演する番組の数に比例します。
仕事が増えることで専属のマネージャーが付いて、スケジュール管理を行われたり、場合によっては移動車が付くなど環境は変化します。勤務時間は収録の進み具合に準じます。

声優の求人特徴

声優として勤務するために、取得しなければならない資格はありません。所定の課程を設けた専門学校へ入学し、練習を行う、あるいは劇団に入団し、演劇を学ぶといった形で所属しながらドラマやアニメーションのオーディションを受けることが一般的です。
専門学校や劇団を卒業した後、専属の声優として契約をすると、晴れてプロの声優として仕事を行うこととなります。1つの役につき、出演する声優は原則1人だけなので、主にオーディションで配役が決められます。
希望の役が人気の場合、合格するには、かなりの倍率を勝ち抜く必要があります。また、ナレーションの仕事の場合、声優だけでなく、芸能人や俳優も対象として選ばれる場合もあります。

声優に求められる人物像

声優に求められる要素は、発声や演技力などはもちろん、現場のスタッフや出演者と打ち解けるためのコミュニケーション能力や、複数の現場をかけもつための体力などの基礎的な面もあります。
番組に出演する際には、登場人物の心情を読み解いたり、アフレコで監督に要求されることを理解して、演技に還元するといった読解力や柔軟性も必要とされます。幅広い声のバリエーションを持てるよう、絶えず研究する姿勢が大切です。

「声優の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧