フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーターの仕事内容

「治験コーディネーター」とはどんな仕事?

治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーターとは、新しい薬が開発された際に、市場に出される前に「治験」と呼ばれるテストを行う仕事です。候補に挙がった人や募集で集まってきた人など、基準を満たした被験者に対して治験の内容を案内し、定期的な来院や入院が必要な場合には、それらのスケジュールの設定などを行います。
また、治験に必要な検査キットを準備することも治験コーディネーターの仕事のひとつです。その後、治験に同意した被験者がスケジュールを守って来院しているか、検査を受けているかなどを確認します。被験者に直接面談を行い、治験薬の管理や体調の変化などのヒアリングをします。医師の診察や診察結果のデータ報告書作成を補助します。治験終了後に症例報告書を作成して、治験を終了します。
医師や看護師以外にも薬剤師や臨床検査技師、放射線技師など、様々な職種と連絡をとりながら勤務します。
シフトは平日日中の勤務がほとんどですが、病院の開業時間に準じる場合もあります。土日祝日が休日となる場合が多いようです。

治験コーディネーターの求人特徴

治験コーディネーターとして勤務する上で、取得しなければならない資格はありません。ただし、「薬剤師」「看護師」「臨床検査技師」などの資格を取得しており、さらに実務経験があることで、採用において優遇される場合もあるようです。
業務で専門知識を問われる場面もあるため、病院で勤務した経験がある方が好まれます。細かな数値の変化や面談時の患者が身体に感じている変化を、細やかに感知し、医師や看護師へすぐに報告することが求められます。そのため、治験コーディネーターの求人は経験者を対象とする募集が比較的多い傾向があります。

治験コーディネーターに求められる人物像

治験コーディネータに必要な資質は危険察知能力と、論理的な説明を行うことができるコミュニケーション力です。治験は市場に出る前の薬を被験者の協力を得て、安全性の検証を行う業務です。治験コーディネーターは被験者と面談をして、数値や報告書のデータを観察しながら、治験を継続する上での舵取りを行います。
医師や看護師など医療従事者とのコミュニケーションを図る際に、被験者との面談を的確ににフィードバックすることが求められます。

「治験コーディネーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧