フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ウェブデザイナーの仕事内容

ウェブデザイナーの仕事内容

近年人気上昇中!ウェブデザイナーの仕事内容

ウェブデザイナーの仕事内容

ウェブデザイナーとはWebサイトやスマートフォンサイトのデザインを行う仕事です。顧客の依頼に基づき、Webサイトなどを設計、デザインします。場合によっては、顧客の要望をヒアリングしたり、コーディングと呼ばれる入力作業を行うこともあります。
基本的にはチーム制で業務を進めていくことが多く、プロデューサーまたはディレクターやコーダーと呼ばれる職種の人々とコミュニケーションを取りながら、進めていきます。場合によってはバナー広告などの作成を行うことがあります。
会社内での勤務が主で、服装に関しても自由な企業が多い傾向です。勤務はカレンダー通りで、平日5日間出勤し、土日祝が休みの企業が一般的です。

ウェブデザイナーの求人特徴

ウェブデザイナーの仕事内容

パソコンやインターネットの普及により、求人は多く存在しており、IT業界専用の求人検索ホームページなどで仕事を探すのが一般的です。正社員、派遣社員、アルバイトなど様々な雇用形態の求人が存在します。
ウェブデザイナーとして勤務するにあたって、特定の学歴は必要とされず、業務の経験や特定のソフトウェアの使用経験、専門学校での完成物やポートフォリオを提出することが、採用における評価に関わるケースが多いようです。画像編集ソフトの使用経験やをそれらを用いた業務経験が求められますので、専門学校でプログラム言語を学んだり、関連資格を取得することで身につけたスキルを証明することができると良いでしょう。
近年ではスマートフォンの普及により操作性や画面レイアウトをユーザー目線で設計するといった業務もあります。プログラム言語を用いてソースコードを書いていく「コーディング」の仕事経験や、「PHP」や「JavaScript」などWeb系プログラムを駆使することができると仕事の幅が広がるでしょう。報酬は雇用形態に準じた支給となります。

ウェブデザイナーに求められる人物像

顧客の要望を具現化する職業がWebデザイナーです。顧客から詳細にヒアリングし、要望をより具体的な形で引き出していくコミュニケーション能力が必要とされます。さらにプログラムごとにチームの一員となって勤務する場合は、自分の意見を明確に伝える力が求められます。
ミーティングや打ち合わせでは積極的にアイデアを出すことができると良いでしょう。日々トレンドが変化するため、普段からWebサイトを閲覧し、デザインのトレンドを把握しておくことが必要です。
また、業務で使用するソフトウェアの操作に慣れていることや、その正確性も求められる要素のひとつです。

「ウェブデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧