フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーの仕事内容

トレンドを生み出す「ファッションデザイナー」のなり方は?

ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーの仕事は、洋服のデザイン全般を行うことです。デザイン画を描くイメージが強いですが、実際には企画から縫製まで全工程に携わります。トレンドに合わせた発信力が求められるため、クリエイティブな専門職と言えます。
具体的な仕事内容は、洋服の企画立案からはじまります。シーズンやターゲットに合わせたコンセプトを決定し、市場調査を経て素材や縫製方法を選定します。そしてデザイン画を描き出し、デザインを決定、その後は型紙を起こすパタンナーに指示を出し、細かい部分を調整して型紙を完成させます。
工場で縫製作業に入る際には、素材やプレス方法などを仕様書にまとめる仕事も伴います。

ファッションデザイナーの求人特徴

近年のファッションの多様化により、ファッションデザイナーの求人は増加傾向です。特に他社との差別化のため、オリジナリティのあるデザイナーやオールアイテムを手掛けられるデザイナーに需要が集中しているようです。ただし専門職かつ実力主義の世界のため、即戦力を求められるケースが多いです。人気の高い職種でもあり、希望の就職先によっては競争率も高くなります。
勤務形態は多岐にわたり、アパレル企業やデザイン会社に専属デザイナーとして就職したり、フリーとして活躍したり、自身のブランドを起ち上げたりとさまざまな場面で活躍できます。未経験の場合は、アシスタントやパタンナーとして経験を積むことが多いようです。

ファッションデザイナーに求められる人物像

ファッションデザイナーには、好奇心旺盛な人が向いています。時代やトレンドに合わせたデザイン力が求められるため、常にアンテナを張り巡らせなければなりません。他人が見逃してしまう箇所に気づく人や、人や物を観察することが好きな人に適任です。
また、コミュニケーション能力も大切です。ファッションデザイナーは一人で黙々と作業することは少なく、多くの関係者と密接に連絡を取り合って仕事を進めます。良い製品を作るためにも、円満な人間関係を作る能力は必須だと言えます。

「ファッションデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧