フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容

未経験でも就業可能!IT社会で需要が高まる「ネットワークエンジニア」

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアとは専用機器を用い、企業等での情報を管理するネットワークシステムを作る仕事です。主な仕事はクライアントの要求をヒアリングし、システムを「設計」すること、予算内でニーズに即したシステムを「構築」すること、設計・構築したシステムや、または既存のシステムを適正な形で「運用管理」をすること、システムに障害が起きないよう「保守」をすることです。
ネットワークエンジニアは、クライアントの要件に対して、システムを利用者が使いやすい形で実現していきます。
ITサポートチームの一員として社内で活動する他、個人やチーム単位で取引先企業へアウトソーシングされ、その企業に常駐して働く形をとる場合も多くあります。

ネットワークエンジニアの求人特徴

ネットワークエンジニアの仕事内容

IT社会の到来でシステムエンジニア同様に、ネットワークエンジニアも需要が高まっています。そのため未経験でも可とする募集もあります。プロジェクトに携わった経験や、チームリーダー等のマネジメント経験があればさらなるアピールポイントとなるでしょう。
業務上活かせる資格を取得していることが重要視される傾向があるのが特徴で、資格を取得していないとできない業務については資格手当等が支給されるケースもあります。資格を取得すると関わることのできる業務が増えるため、資格取得の支援をしてくれる会社が多いようです。勤務地は都心等、オフィス街を中心に勤務することになります。明確な知識が求められるため、研修や勉強会は関わる業務ごとに実施され、期間は長期に渡るものもあります。
向学心を持って、資格を取得などに励めば、収入に結びつけることも可能な仕事です。サーバー保守等を担当する際には、オフィスが稼働する昼間を避けて、夜勤シフトで勤務する場合もあります。休日は比較的安定して取得することが可能です。

ネットワークエンジニアに求められる人物像

ネットワークエンジニアは男性が多い職場です。近年では女性のネットワークエンジニアも増えていますが、夜勤を含むシフト勤務等もこなさなければならないため、勤務に持ちこたえられるだけの体力が必要とされます。
また、ネットワークエンジニアの業務は各セクションに分かれて協力して行うため、自分の関わっている仕事が、全体の流れの中でどういう意味を持つのかを理解する力や、専門用語の内容を理解し、用いるだけの応用力が必要とされます。
資格を取得し知識を増やすことで、より重要な業務に関わる機会が得られるため、業務を通してスキルアップを希望している方にも向いているのではないでしょうか。

「ネットワークエンジニアの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧