フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性パソコンインストラクターの仕事内容

パソコンインストラクターの仕事内容

情報社会に欠かせない存在「パソコンインストラクター」として働くには

パソコンインストラクターの仕事内容

パソコンインストラクターは地域の住民や企業向けに運営されている、パソコン初心者や中級者向けに授業を行う仕事です。具体的にはパソコン教室等で申し込みをされた参加者に対して授業内容の説明を行い、指定のプログラムを講義し、受講者の理解度を確認するためのテストなどを行います。その他、キャリアを重ねていくことで運営業務に携わるようになる場合もあります。
登録者の管理と授業プログラムの考案、模擬授業、講師の採用、集団授業の進行役、受講者のフォロー業務、講師のシフト管理、入金管理など、業務は多岐にわたります。
やがて室長、エリアマネージャーへとステップアップすることも可能です。登録講師の管理や講師に対するセミナーを行うこともあります。教室によっては映像授業を行っているところも存在し、その場合はプログラムの選考や資格試験対策、映像の作成を行います。加えて、テキスト作成に携わることもあります。
勤務にあたっては、まず本部で研修を受講した後、講師アシスタントとして勤務し、講義の運営補助を行うことスタートするのが一般的です。

パソコンインストラクターの求人特徴

パソコンインストラクターの求人は多く、未経験でも採用を行っている場合があります。その場合運、営補助としてアルバイトや派遣社員としてスタートし、キャリアを重ねた後に、正社員として登用されるというケースが多いでしょう。パソコン関連の資格を取得していることが求められます。
世間で一般的に使用されているアプリケーションの資格を取得しておくと良いでしょう。報酬は補助スタッフの場合は時給が多く、正社員になった場合に月給制へと移行します。
正社員へ昇格した場合は、昇給、賞与、福利厚生などを受けることが可能です。資格手当も企業によっては支給されるでしょう。勤務時間帯はシフト制ですが、企業向けの教室の場合は昼過ぎ~夜遅くまでの固定勤務となる場合があります。
正社員として教室運営を担う際に残業が発生する場合や、広く展開している教室においては転勤の可能性などもあります。地域限定正社員などの雇用形態もあるので、あらかじめ企業に確認しておくと良いでしょう。

パソコンインストラクターに求められる人物像

コミュニケーション能力や情報処理能力に長けている方や、パソコンならではのルールを噛み砕いて説明することができる論理力がある方が望ましいです。仕事で使用したことが無い場合でも、普段からパソコンに触れて、操作に慣れている点をアピールできると良いでしょう。
地域の教室で勤務する場合は老若男女たくさんの方がいらっしゃいます。相手に合わせた指導を行える方や、単に操作を教えるだけでなく、世間話なども交えながら、授業を進められるといったヒューマンスキルがあると、さらに望ましいでしょう。
また、教室運営を行っている事務スタッフや他の講師と連携して勤務する場合があるため、協調性が求められる仕事でもあります。

「パソコンインストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧