フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーの仕事内容

働き方はさまざま!「スポーツトレーナー」の具体的な仕事内容とは?

スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーとは、運動施設やジムなどに常駐したり、専属で選手につき、運動の効果を最大限発揮させるため、トレーニング内容やスケジュールを考案し、運動する人のサポートを行う仕事です。
施設に常駐しての勤務の場合は、訪れている利用者の補助や、アドバイスを行います。スポーツ選手の専属として勤務する場合は、スケジュール管理からメニュー考案、食生活の指導に総合的に業務を行うことがあります。勤務地は小規模な施設で勤務する場合は都心部となり、大規模な施設で勤務する場合は郊外となる場合が多いでしょう。
スポーツトレーナーのキャリア形成の方法としては、主に、施設で経験を積み施設長としてマネジメントを行う場合と、スポーツ選手から依頼を受け、成果をあげることで、その道のプロフェッショナルとなる場合の2つのパターンがあります。

スポーツトレーナーの求人特徴

スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーとして勤務する上で必要な資格はありません。しかし、実際に勤務するにあたっては特定のスポーツでのキャリアや、スポーツ科学やスポーツ医学、理論の勉強など様々な分野での知識を得ておく必要があるでしょう。
1~2年間専門学校で学んだ後、スポーツトレーナーとして勤務する場合や、競技の選手を経て、トレーナーに転向する場合など、キャリアパスは様々です。スポーツ科学を学ぶ場合は特定の大学の学部を卒業する必要があるでしょう。スポーツトレーナーの求人は正社員、アルバイトなど様々ですが、スポーツ選手と直接契約する場合は、エージェントを介しての就業か、自営業として勤務するケースが存在します。
ジムなど一般の利用客がいる場所で勤務する場合、平日が休日となるケースが多いようです。雇用される場合は月給や時給で給与が支給され、個人で依頼を受ける場合は契約期間に応じて報酬が支払われる形式が一般的です。

スポーツトレーナーに求められる人物像

専門家として特定の分野に特化していたり、選手として特定の競技で結果を残していると、アドバイスを求める人が増え、トレーナーとしての仕事に結びつくことがあるでしょう。また、それ以外にも語学を習得して、海外のスポーツ医学の知識や理論をいち早く取り入れることができると、個人としてより付加価値をつけたトレーニングを提供することにつながるでしょう。
スポーツに関しての理論は多種多様に存在しているため、その都度柔軟に理論を取り入れることのできる向学心も必要です。

「スポーツトレーナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧