フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性チャイルドマインダーの仕事内容

チャイルドマインダーの仕事内容

少人数保育のプロ「チャイルドマインダー」とは?

チャイルドマインダーの仕事内容

チャイルドマインダーの仕事は、自宅や施設で子どもを預かり、家庭的保育を施すことです。子どもを預かる意味では保育士やベビーシッターと同様の業務ですが、チャイルドマインダーの最大の特徴は「少人数制」だということです。保育士が集団を対象にする保育であるのに対し、チャイルドマインダーが預かることができる人数は、国の基準によって最大4人までと定められています。
また、保育にあたっては自立心や思考力の育成も求められるため、保育に関する高い知識や技術が必要になります。保育対象年齢は0歳児~12歳児ですが、特に小さい子どもに対するニーズが高いようです。
勤務時間は保護者が働きに出る朝から日中が多いですが、夜間勤務になるケースもあります。

チャイルドマインダーの求人特徴

待機児童の問題に伴い、保育市場は拡大傾向にあります。チャイルドマインダーの認知度も高まりつつあり、ニーズは増加しているといえるでしょう。
チャイルドマインダーとして働くには、資格取得が必須条件です。チャイルドマインダーは民間の認定資格であり、通学や通信などの方法で養成講座を受講したのち、試験に合格することで取得できます。
働き方を自由に選べるのが特徴で、自宅などで独立開業をする、訪問保育をする、または施設に勤務するのが一般的です。
施設勤務の場合は、求人ポータルサイトや保育関連のホームページなどで求人情報を探すことができます。

チャイルドマインダーに求められる人物像

チャイルドマインダーになるためには、やはり子ども好きであることが前提条件です。保育を実践するためには、豊かな愛情を持って子どもと接する必要があります。受け身ではなく自分から積極的に一人ひとりの子どもと関わり、より質の高いサービスを施さなくてはなりません。
また、責任感も重要です。大切な子どもを預かる立場として、不注意でケガや事故などを起こさないよう、きちんと管理しなくてはなりません。保護者の信頼に応え、安全かつ健やかに成長を促す役目であることを理解しておきましょう。

「チャイルドマインダーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧