フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性編集者の仕事内容

編集者の仕事内容

校正や調整業務…etc.「編集者」の多岐に渡る仕事内容

編集者の仕事内容

編集者とは書籍や雑誌などの出版物の校正、筆者へ依頼した原稿の進捗管理を行う仕事です。また、契約から出版物の刊行まで携わる場合もあります。主に出版社などに勤務し、その会社が発行している出版物の構成を決めたり、作家の選定や依頼後の進捗管理を行います。
場合によっては、自ら筆者としてページを担当することもあり、その場合は編集者としての立場から題目を決め、ライティングします。朝出社し、複数の社内編集者とミーティングを行います。その後、担当している作家と連絡を取り、打ち合わせに向かいます。
担当作家との打ち合わせは時には夕方まで及ぶことがありますが、念入りな意見のすり合わせの上で、原稿を納品します。その後帰社し、納品された原稿の誤植や、表現のチェックを行います。担当作家とのミーティングが無い日の場合は1日社内で、校正作業や、編集長との打ち合わせに時間を割きます。
納期のある仕事のため忙しい仕事の反面、スケジュールの自由度も高いため、効果的にタイムマネジメントを行う必要があります。担当編集者として成果をあげ、編集長に昇格すると、今度は作家の担当はせずに、編集者のマネジメントを主に行うようになります。
それぞれの依頼記事の進捗管理やスポンサーとの調整業務、ページ配分や紙面の割き方など、総合的な構成の検討、決定を担います。

編集者の求人特徴

編集者として勤務するには、資格は必要ありません。傾向としては四年制大学の卒業者が多数を占めます。主に正社員としての求人募集があり、求人数はあまり多くはないため、倍率は高めです。
休日に関しては基本的に土日休みですが、原稿の進捗具合によって著者と綿密に連絡を取り合ってサポートをしたり、取材に出かけたりする場合もあるため、曜日によらずフレキシブルに勤務することが求められる職業でもあります。

編集者に求められる人物像

編集者に求められる基本的な資質は、体力と調整力です。担当する刊行物には遅かれ早かれ納期があり、それを厳守して予定通り発行するためには、忙しい日々の勤務においても体調を崩すことのないように、健康管理を徹底する必要があります。
また調整力は、タイムマネジメントの観点だけなく、スポンサーや編集長が要求する内容と、作家が表現したい内容を双方をなるべく最大化して形にすることにおいても活かされます。そのほか、PCスキルも充実していると良いでしょう。
近年はPCで資料や原稿を納品したり、校正作業や折衝業務、傾向の分析などに必ずPCを使用するため、欠かすことのできないスキルと言えます。

「編集者の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧