フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性溶接工の仕事内容

溶接工の仕事内容

あらゆるシーンで技術が光る「溶接工」の仕事とは?

溶接工の仕事内容

溶接工とは、金属を溶かして接合する仕事です。溶接する対象は、配管や機械、圧力容器、自動車、造船、橋、ダム、ビルなど多岐に渡り、溶接工は多くのシーンで活躍しています。様々な職場へ向かうため、勤務地はその都度異なります。
制作物の溶接においては、溶接部が破損なく接合されているか調べます。建築物の溶接では、作業を行うにあたり、安全性を確保するための検査なども実施します。
朝はまず事務所へ出勤し、そこから現場までは車で向かうという流れで勤務することが多いようです。
休日は担当する案件により異なり、不定休の週休2日の場合が一般的です。勤務時間帯は日中が主となります。報酬は主に月給制で、アルバイト雇用の場合は時給制または日給制で給与を支給する場合があります。

溶接工の求人特徴

溶接工として勤務するためには、まず職業訓練校に入校して技能訓練を受けます。その後溶接機を使用したガス溶接という分野を学び、ガス溶接については危険な可燃性のガスを使用するため、労働基準局が指定した技能講習を修了する必要があります。
機器の扱い方を誤ると危険を伴う仕事であるため、業務経験者募集の求人が多い傾向があります。さらに図面が読めると、より現場で重宝されるでしょう。
未経験者募集の求人も存在しているため、求人サイトなどを定期的に閲覧し希望に合った求人を探すと良いでしょう。

溶接工に求められる人物像

溶接工として求められるのは、事故に気をつけて勤務することができるリスクマネジメント力と、作業効率を高めるため、時間配分を適切に行うタイムマネジメント力です。溶接後に欠陥が生じないよう、細かで確実な作業を行うことが必要です。
溶接工は現場へ赴いて勤務することが多いため、大きな建築現場などへ向かうと様々な企業の職人が勤務している場合があります。現場で社会人としてコミュニケーションをとることができると、協力して作業を進めることができ、働きやすい環境づくりにも役立つでしょう。

「溶接工の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧