フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性理容師の仕事内容

理容師の仕事内容

頭髪のプロ!「理容師」の具体的な仕事内容とは?

理容師の仕事内容

理容師とは、髪を切りに訪れた客にはさみとカミソリ、バリカンなどを使用し、髭や髪を希望通りに整えることが仕事です。具体的には、髪をカットし、シャンプーを行います。希望によってはカラーを施したり、顔そりを行います。その後、フロアを清掃し、次のお客様を迎える準備をする、といった流れです。
国家資格が必要な仕事となるため、理容師として勤務するためには、所定の専門学校を卒業し、試験に合格する必要があります。チェーン展開企業の場合は店舗ごとに勤務地が異なり、全国的な転勤もあります。個人経営などの地域の理容店で勤務する場合は決まった店舗において勤務するケースが多いようです。顧客によって要望が異なるため、なるべく思い描いたスタイルを実現することが求められます。
さらに理容師ならではの業務として、カミソリを用いた顔そりなども行うため、安全に的確に行えるよう、日々技術を磨いていかなくてはなりません。はじめはアシスタント業務からスタートし、キャリアを重ねて、将来的に店長や地域マネージャーなどのマネジメント職に就くことが多いです。
また、独立・開業をした場合は出店業務や収支計算など理容師以外の業務を幅広く行う必要があります。

理容師の求人特徴

理容師の仕事内容

理容師として勤務するためには、「理容師」の国家資格を取得する必要があります。あらかじめ定められた専門学校へ通い、卒業すると、「理容師」の国家資格を受験資格が与えられます。「美容師」「理容師」二つの資格を取得すると、業務の幅を広がり、就職先の選択肢が増えるでしょう。勤務シフトは土日祝日を含めた、固定シフトが一般的です。
都心の理容室で勤務する場合には、夜遅くまで営業を行うことがあります。求人は比較的豊富にあります。
都心で勤務する際には、サービスの質の他、提供の速度を求められることがあります。給与は正社員として勤務する際には月給、アルバイト勤務する場合は時給で支給される場合が多く、アルバイトから正社員へ登用された際には、月給制へ移行するのが一般的です。

理容師に求められる人物像

理容室は髪を切る他に、コミュニケーションを行う場所でもあります。お客様に希望のスタイルを伺う際や、髪を切っている最中にも会話が発生することが多く、話すことが好きな方にも向いていると言えるでしょう。
また来店されたお客様の見た目に直接関わる仕事であることを意識し、日々ヘアスタイルを研究する向学心や技術の向上、道具の手入れを怠らないことも必要とされる職業です。

「理容師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧