フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性助産師の仕事内容

助産師の仕事内容

出産のエキスパート「助産師」になるには?

助産師の仕事内容

助産師は病院の産婦人科や助産院で勤務し、出産を控えた妊婦の体調を管理し、出産のサポートを行う仕事です。助産師の仕事として、出産をするまでのサポートをすることが一般的に認知されていますが、実際には産後の女性「じょく婦」の体調管理や、新生児の食事や生活指導、その後の育児に関するところまで含めてサポートを行います。
「出産のスペシャリスト」として生命に関わる大切な仕事です。能動的かつ臨機応変に行動して、他の助産師や産婦人科医と密接に連携し、出産を成功に導きます。新生児の状態に合わせた産後のケアも非常に重要な役割です。
実習の段階から看護と助産の知識をバランス良く身に付け、実務に活かすことが求められます。

助産師の求人特徴

助産師になるためには、「助産師」の国家資格を取得する必要があります。また、「助産師」の国家資格を受験するには、まず「看護師」の国家資格を取得していることが必須です。看護の専門学校や看護大学を卒業し、「看護師」の資格を取得します。
その上で助産師養成学校において学習臨床実習を行うことで、「助産師」の受験資格を取得することができます。また、一部の看護大学では、助産師養成の特別課程が存在します。
この課程を修了すると、「看護師」「助産師」の2つの受験資格を取得することが可能です。

助産師に求められる人物像

出産に立ち会う場合などは昼夜関係なく業務につく場合もあります。新生児の細かな変化を見逃さず、チーム内で情報を共有することが求められます。妊産婦や新生児の体調管理も必要とされるため、責任感を持って業務を行うことが必要です。
助産師は狭き門です。看護師の資格を取得した後、実習を行って新たな知識を吸収し、国家試験の勉強を行うため向学心が求められます。
生命の誕生に携わる重要な立場であることを意識し、日々学習を重ねていくことで助産師への道が開けるでしょう。

「助産師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧