フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性家政婦の仕事内容

家政婦の仕事内容

暮らしをサポートする「家政婦(夫)」の仕事内容とは?

家政婦の仕事内容

家政婦(夫)とは、一般家庭へ向かい、掃除を中心とした日常的な業務を依頼者に代わって行う業務です。「仕事や付き合いが忙しくて家事ができない方」や「身体が不自由で家事が難しい方」といった依頼者に代わり、掃除・洗濯・料理といった日常業務を行います。
近年では、介護業務やシッター業務なども併せて行っている企業が増加しています。雇用はアルバイトや業務委託が中心で、サービスを行っている企業へ登録し、そこから案件ごとに依頼者宅へ向かい、業務を行うという流れになります。業務や働き方についてなど、企業の担当者と定期的にコミュニケーションを取ることが可能です。
案件は短期のものから長期のものまで存在しており、長期の場合は固定で依頼者宅での勤務となります。中には住み込みで働く案件も存在しており、自分の希望にあった勤務シフト、案件を選ぶと良いでしょう。
勤務は一人で行う場合が多く、効率的に行えるよう自分で時間配分を決めてから、業務を開始する必要があります。

家政婦の求人特徴

求人は都心部、郊外部問わず存在します。業務経験の有無を問わず採用を行っている企業もあります。経験者の場合は、担当していたお宅の規模や具体的な業務内容などを採用の際に伝えることができると良いでしょう。
家政婦(夫)として勤務する際に必要な資格はありませんが、掃除だけでなく、依頼者に代わって介助を行ったり、食事を提供するケースもあります。そのため、ヘルパー関連の資格の取得や調理師や栄養士免許を取得することで、採用の際にアピールすることが可能です。
給与は時給制、日給制が主ですが、委託案件の場合は1件あたりで報酬が支払われます。

家政婦に求められる人物像

家政婦(夫)として求められるのは、掃除や洗濯、料理など、日常生活におけるスキルのほか、依頼者をはじめ、訪問先の近隣住民などとの挨拶などを含めた社会人としての最低限のマナーです。
なお、一人で勤務することが多いため、仕事をうまく進めていくためのタイムマネジメント力も大切な要素となります。留守を預かるケースも多くあるため、責任感を持ち、戸締りなどのセキュリティ面に配慮して業務を行う必要があります。
万が一トラブルが発生してしまった際には、管理者や依頼者へすぐに状況を説明し、冷静に誠意を持って対処する姿勢が大切です。

「家政婦の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧