フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性潜水士の仕事内容

潜水士の仕事内容

水中作業のプロフェッショナル「潜水士」の具体的な仕事内容とは

潜水士の仕事内容

潜水士とは、水中に潜ってさまざまな作業を行う仕事です。その作業範囲は多岐に渡り、所属する会社によって内容が異なります。
例えば、公共事業を取り扱う会社であれば、土木工事、溶接工事、配管溶接、削孔、型枠設置、写真撮影などを行います。潜水総合会社になれば、水質調査や海洋資源の調査、沈没船などの引き揚げ作業、船舶の応急修理、魚介類の採取などを担当します。
また、水中だけでなく船舶でも作業を行うことがあり、この場合は報告書の作成などの事務作業が中心です。

潜水士の求人特徴

潜水士は、全体的に人材不足の傾向にあると言われています。そのため全国的に求人情報は豊富であり、活躍できるチャンスは多いといえます。主な就職先は潜水会社であり、求人ポータルサイトや求人雑誌などで探すことが可能です。
ただ、応募には「潜水士免許」が必須です。潜水士は国家資格であり、取得には筆記試験での合格が求められます。実務試験は不要のため、あらかじめ経験を積む必要はありません。なかには、就職後に研修の一環として免許取得を目指す企業もあるため、応募前に確認しておきましょう。
また、潜水士免許以外にも、専門的な資格を求める会社もあります。潜水士にホースで空気を送る送気員やアーク溶接、小型船舶操縦士免許などの取得は就職の際に有利になりやすいです。

潜水士に求められる人物像

潜水士は、心身ともにタフであることが求められます。水中での作業はとにかく体力勝負です。ときには命に関わるケースもあるでしょう。そのような特殊な環境下で、冷静かつ確実に仕事をこなしていくための体力と精神力は欠かせません。
同時に、協調性のある人も望まれます。ほかの潜水士やスタッフと協力して行う業務も多く、何日も船上で集団生活を営むこともあります。
そのため、潜水士としてスムーズに仕事を進めるためには、技術だけでなく、コミュニケーション力も大切な資質と言えます。

「潜水士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧