フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性健康運動指導士の仕事内容

健康運動指導士の仕事内容

現代社会で注目が高まりつつある「健康運動指導士」とは?

健康運動指導士の仕事内容

健康運動指導士の仕事は、健康を目的とした運動プログラムを作成・指導することです。生活習慣病の予防や高齢者の介護予防など、患者の目的に合った適切な運動方法を提案し、ときには保健医療関係者と連携してアドバイスや実践を行います。活躍の場は、医療や福祉分野など多岐に渡ります。
具体的な仕事内容は、施設利用者や地域住民などに向けたトレーニング指導が中心です。指導にあたって、個人のメディカルチェックを行い、運動メニューを企画立案するところから始まります。
また、大勢を対象にした健康教室や体力測定、それらに伴う事務作業なども大切な仕事です。

健康運動指導士の求人特徴

高齢化社会の進行や生活習慣病患者の増加により、「適切な運動方法」に関心が寄せられています。今後もこの傾向は顕著になることが予想されるため、健康運動指導士の需要はさらに高まるでしょう。 主な勤務先は、病院や保健所、地域施設、学校、フィットネスクラブです。近年は、老人福祉施設や介護保険施設など、福祉分野で活躍する人も増加しており、求人情報を探す際は広い選択肢を持つことをおすすめします。
健康運動指導士として働くには、「健康運動指導士」の国家資格が必須です。資格取得には養成講習を受講後、認定試験に合格するか、体育大学などの養成学校を卒業して認定試験に合格する必要があります。
また、保健師や看護師など医療系国家資格を所持する人は受講が免除されるため、あらかじめ受講資格を確認しておきましょう。

健康運動指導士に求められる人物像

基本的に人と接する場面が多いことから、健康運動指導士には会話が好きな人が求めれます。業務内容も、厳しくトレーニングを指導するというより楽しみながら健康を目指すというイメージに近いため、コミュニケーション力と人当たりの良さが大切です。
また、指導する相手は健康な人とは限りません。特に高齢者を対象にした仕事の場合は、過度な運動が逆効果になってしまうこともあります。
個人の状況を正確に把握し、適切な運動方法を提案するために、気配りができ、臨機応変な対応力を持っているとより望ましいでしょう。

「健康運動指導士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧