フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ペットシッターの仕事内容

ペットシッターの仕事内容

留守の時にペットの世話をしてくれる「ペットシッター」の仕事内容

ペットシッターの仕事内容

ペットシッターとは、一般家庭で飼われているペットに対して、飼い主が不在の際に、代わって食事の世話をしたり、寝かしつけたりするほか、運動不足にさせないために散歩に連れて行ったり、しつけを行ったりする業務です。これらの業務は、一般的に、「ペットシッター」「お散歩代行」「ドッグトレーニング」といった名目で請け負っている企業が多いです。飼い主が家族旅行や出張の際に、ペットの運動不足や食生活を心配し、利用します。
広く展開している企業の場合はエリアごとに求人を行っており、そのエリアにペットシッターとして登録することによって、仕事が可能となります。また、委託業務として紹介している企業に登録した場合は一案件あたりで報酬が支払われます。勤務地は都心から郊外まで幅広くあります。「お散歩代行」「ドッグトレーニング」の場合には、事務所でペットを預かり、世話をするケースが多いです。
郊外で勤務する場合は複数のエリアで仕事を行う場合があるため、車やバイクの免許を取得していると良いでしょう。

ペットシッターの求人特徴

ペットシッターとして勤務する上で必要な資格はありませんが、ペットシッター関連の資格は民間で複数存在しているため、興味があれば取得してみるのも良いでしょう。また、調教に関する資格を取得していると、求人選択の幅が広がります。
求人は日常的に存在しており、犬や猫など動物を扱うことに慣れているとアピールポイントとなります。ペットシッターとして働く傍ら、「トリマー」などの資格取得を目指している方も存在します。雇用はアルバイトが最も多く、業務委託、正社員と続きます。
正社員雇用は、関連資格の取得やアルバイトとしてのキャリアを積んで登用されるケースが一般的です。

ペットシッターに求められる人物像

ペットは飼い主に癒しを与えてくれる存在である一方、寿命が短く、繊細な生き物です。また、性格も個体差があり、飼い主による「しつけ」の程度もさまざまです。そのため、預かる際にはあらかじめ、健康面やそのペットの性格といった特性を、飼い主からヒアリングしておくことが大切です。
そのためコミュニケーション能力は重要です。また、しつけを頼まれた場合には、身に付けさせたいポイントを飼い主からよく伺い、管理者と相談しつつ、マニュアルに沿って適切に進めることが求められます。そして、何よりも動物が好きであることが大切です。
大切なペットを安心して預けられる人材であることが望まれます。

「ペットシッターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧