フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性アニメーターの仕事内容

アニメーターの仕事内容

絵に命を吹き込む「アニメーター」の仕事内容となり方について

アニメーターの仕事内容

テレビアニメや映画をはじめ、ゲームやCMなどにはアニメーションが使用されています。このようなアニメーションにはいくつもの制作工程がありますが、そのうち「作画」と「仕上げ」を担当するのがアニメーターの仕事です。キャラクターや背景、エフェクトなどの線画から着色までを行い、連続する絵を完成させます。アニメーターとひと口にいっても、多くのアニメ制作現場では分業化が進んでおり、「原画担当」「動画担当」の二つのポジションに分けられるのが一般的です。
原画マンは、動きやシーンのポイントとなる原画を描く仕事です。演出家との打ち合わせを踏まえ、脚本に沿って絵コンテを用意し、核となる動きやポーズを決定します。対して動画担当は、原画の清書を行い、ポイントごとのシーンを繋ぎ合わせるように指定された枚数分の絵を描く仕事です。
基本的に新人アニメーターの場合は動画担当からスタートするケースが多いようです。

アニメーターの求人特徴

アニメーターの仕事内容

近年、アニメ文化の浸透によってアニメ制作数が増加しており、アニメーターのニーズは高まりつつあります。さらに、慢性的に人材不足とされる業界のため、求人情報もほかの職業と比べて豊富です。求人情報は、求人ポータルサイトや制作会社のホームページなどで見つかります。
主な勤務先は、アニメーション制作会社や制作スタジオです。ただ、大手のアニメ制作会社は競争率が高くなるため、広い視野を持って探すことをおすすめします。
入社後は、動画担当からスタートし、次に原画担当、そして作画監督や作品監督へのステップアップが一般的です。十分な経験を積めば、フリーランスとして活躍することもできるでしょう。

アニメーターに求められる人物像

アニメーターには、アニメに情熱を注ぐことができる人材が求められます。特に見習いのうちは収入が安定しない場合もありますが、アニメが好きで、「自分でアニメを作り出したい」「アニメ業界を盛り上げていきたい」という熱意とポテンシャルを持って続けていける人が向いていると言えるでしょう。
また、コツコツと地道に努力を積んでいくことができるかどうかも大切なポイントです。作画は細かい作業が多い上に、アニメーションの特性上、同じようなカットの絵を毎日何十枚、何百枚と描くこともあります。
このような作業にも飽きを感じることなく、責任感を持って取り組める人であればアニメーターとして活躍できるでしょう。

「アニメーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧