フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性バリスタの仕事内容

バリスタの仕事内容

コーヒーのスペシャリスト「バリスタ」の仕事となり方を紹介

バリスタの仕事内容

バリスタは、コーヒーやエスプレッソ、それらをベースにしたドリンクを作る仕事です。コーヒーを中心とした専門的な知識が必要とされ、コーヒーのスペシャリストと呼ばれることもあります。 職場によって仕事内容は異なり、作るドリンクの種類も変わります。コーヒーチェーン店であれば、コーヒーやエスプレッソはもちろん、フルーツなどを使ったドリンクやフローズンドリンクを、エスプレッソ専門店であれば、カフェラテやカプチーノを作ることが多いです。
コーヒーメーカーやエスプレッソマシンのメンテナンス、コーヒー豆の管理など、こだわりの一杯を提供するための作業は多岐にわたります。
また、お客様とのコミュニケーションを取る機会が多く、接客も大切な業務となります。バリスタに求められるのは、お客様のひとときを演出することであり、味だけでなく、過ごしていただく時間など、トータルで満足してもらえるように努めなければなりません。

バリスタの求人特徴

バリスタの仕事内容

大手コーヒーチェーン店をはじめとしたカフェが全国的な広がりを見せており、バリスタのニーズは増加傾向にあります。主な勤務先は、コーヒーチェーン店、個人経営の店舗、レストランなどで、求人情報は求人ポータルサイトや求人雑誌に掲載されています。
バリスタになるためには必ずしも資格が必要なわけではなく、経験者であれば入社後すぐに実務スタッフとして働くことが可能ですが、一般的にはアルバイトやパートからスタートし、接客やコーヒーの基礎知識から学びはじめます。店舗によっては、バリスタ試験を設けている場合もあります。十分な経験を積むことで、ドリンク作成に携われるようになります。
フリーランスや独立開業など、将来を見据えるのであれば、実績のあるバリスタへの師事もひとつの方法です。特に日本人バリスタは、エスプレッソドリンクや接客の質を競う世界大会で活躍している方も少なくありません。

バリスタに求められる人物像

バリスタには、コーヒーに対する熱意がある人材が求められます。コーヒー豆は、気候や湿度、保管期間によって質が大きく変動しますが、日によってこれらの数値は変わります。最高の一杯を目指して、日々緻密な管理を欠かすことなく出来ることが大切です。
また、向上心と根気強さも重要です。美味しいコーヒーやエスプレッソを提供し続けるためには、豊富な知識と専用機器を使いこなすスキルが必要であり、両方を身につけるには長い年月がかかります。
自分の能力向上に向き合い続ける姿勢は、働きはじめてからも必須となる資質です。

「バリスタの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧