フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性パタンナーの仕事内容

パタンナーの仕事内容

ファッション業界に不可欠な職業!「パタンナー」の仕事内容とは?

パタンナーの仕事内容

パタンナーとは、デザイン画から衣類を作成するための型紙を制作します。この際に用いる型紙をパターンと言います。デザイナーが起こしたデザイン画を型紙にするために、デザイナーの意図を明確に汲みながら仕事を進めることが求められます。実際に型紙を作成する際には、CADを使用して行います。
また、出来上がった服を身体に着せた際のサイズ感覚を考慮して、素材の提案をする場合もあります。仮に作成した服をモデルに着せ、改善点や変更点のフィードバックを得た後、再度型紙作成を行うという作業を繰り返すこともあります。それでも再現が難しい場合には、デザイナーとコミュニケーションを取り、デザイン自体の再考に立ち会うこともあります。
その際には、パタンナーとして必要とされる点を整理し、明確に意見を伝えることが求められます。

パタンナーの求人特徴

パタンナーの仕事内容

デザイナーと同じく、パタンナーとして勤務する上で必要な資格はありません。しかしながら、高度な技術が求められる業務であるため、専門学校の服飾課やファッション工学課などで学び、技術を習得する必要があります。未経験者、経験者共に求人は存在します。
アパレル企業に選任で勤務したり、アパレルショップのバックヤードで勤務する場合が多いです。アパレル企業で勤務した経験や型紙作成、縫製のほか、業種問わずCADを使用した経験などがあると、選考の際にアピールポイントとなるでしょう。
シフトは固定のものが多いですが、デザイナーと共に業務を進めるため、デザイン画がなかなか上がってこない場合などには残業が生じます。休みは不定休の場合が多く、隔週で週休2日の企業も存在するなど、勤め先によって異なります。買い付けなどで海外出張を求められる場合があります。

パタンナーに求められる人物像

職人としての技術と、周囲との円滑なコミュニケーション力というそれぞれ異なる側面を併せ持つ職業であるため、想像力、再現性、センス、ヒューマンスキルと必要となる資質は多いです。デザイン画が上がってきた際には、どういったコンセプトでデザイナーがこのデザイン画を作成したのか、実際に再現する場合には、どこに留意して作業すればよりよく仕上がるのか、といったことを想像し、形にしていくことが求められます。
デザインを再現することが難しい場合には、直接デザイナーとコミュニケーションを取り、情報を整理し伝えることも仕事です。また、正確に縫製を行うことができるように、普段からトレーニングを行ったり、多くのデザインに触れて、センスを磨くことが大切です。
作業の進行具合によっては、残業や休日出勤が必要とされることもありますので、情熱をもって仕事へ向かう姿勢も求められます。

「パタンナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧