フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ライターの仕事内容

ライターの仕事内容

インターネットメディアも活躍の場!文章作成のプロ「ライター」の仕事内容

ライターの仕事内容

ライターとは、メディアに掲載する記事や対談などの文章を書く仕事です。以前は本や雑誌、フリーペーパーなどのメディアに掲載する文章を書くことが一般的でしたが、近年のインターネットの普及により、WEB上に掲載される記事のライティングの需要も増加しています。
具体的な仕事内容としては、出版社でライターや編集者として就業しながら自社で請け負っているメディアのライティングを行ったり、自分が得意とする分野に絞り、フリーランスで仕事を請け負い文章を書くなど、働き方は多岐に渡ります。仕事を進めるにあたっては、自分自身でタイムマネジメントを行いこなしていくケースが多いでしょう。企業から一人で仕事を任せてもらえるようになったり、フリーランスで活動し一定の仕事が入ってくるようになると一人前のライターとして認識されてきた目安となるようです。
ライティングだけでなく、実際に取材同行などを行う場合もあります。クライアントは担当する業務により変化しますが、飲食店の場合は店長や社長、企業の場合は広報担当といった方々と仕事をすることが多いでしょう。依頼によっては、ライター業務と平行して、ホームページのデザインなども併せて担当することもあります。

ライターの求人特徴

ライター職の募集では、派遣社員や契約社員、アルバイト雇用の求人が比較的多く存在します。広告代理店や出版社での就業を希望する場合は、高倍率となる傾向があります。業務経験者を対象とする募集が多いですが、未経験でも就業可能です。
未経験の場合は、メディアに掲載する文章を書く際のルールを覚える必要があります。正社員やアルバイトなどで勤務する場合、報酬は月給や時給制ですが、フリーランスで活動する場合だと、報酬は文字単価やページ単価、担当する刊行物の単位での計算となる場合が一般的です。
平日に就業する企業が比較的多いです。しかし、フリーランスの場合は、取材など自分でアポイントメントをとり、スケジュールを組む必要があります。
きちんと納期を確認しながら、滞りなく納品できるように仕事を受注していきます。

ライターに求められる人物像

責任感の強い方が望ましいです。自分の行った仕事にしっかりと責任が持てる方に向いていると言えるでしょう。読み手を想像しながら、「どういった目的でこの記事を作成したのか」「どのような意図でこの記事を作成したのか」といったことも説明できるように自ら整理し、丁寧に仕事を進めることができる方が望まれるでしょう。
また、取材のアポイントメントをとったらキャンセルは厳禁です。スケジュールに合わせて、体調管理をしていくことも重要です。
企業の経営者や広報担当などといった方々と打ち合わせや取材を行うことも多々あるため、仕事上のビジネスマナーなど、社会常識を身に付けておくことが求められます。

「ライターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧