フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性動物看護師の仕事内容

動物看護師の仕事内容

動物の健康を維持をサポートする仕事!「動物看護師」とは

動物看護師の仕事内容

動物看護師とは、動物病院へ診察に訪れたペットの診察補助、手術の補助を行う仕事です。また、ペットホテルなどに勤務し、チェックインした動物の世話なども行うことがあります。動物病院に勤務する場合は薬剤や備品の発注や調剤、受付、清算も行います。
動物看護師は民間団体で資格を取得し、勤務する場合が多いです。しかし、動物の扱いに慣れていないと「保定」と呼ばれる動物を抑える作業などに苦戦する場合があるため、動物看護師を目指す場合は、普段から意識的に動物と触れ合って、慣れておくと良いでしょう。勤務シフトは早番、遅番と存在する場合が多く、診療終了後に急な手術が発生することもあるため、その場合は拘束時間が長くなります。
勤務地は主に町の動物病院となります。獣医師とコミュニケーションを密にとったり、飼い主の気持ちを慮って接することのできるヒューマンスキルも大切な資質です。

動物看護師の求人特徴

動物看護師になるためには、特定の学科を設けた専門学校や大学において単位を取得した後、試験を受験し、合格することで、資格を取得する必要があります。団体によって資格の名称が異なるため、自分の受験したい資格をあらかじめ調べておくと良いでしょう。
通信講座によって取得できる資格もありますが、その場合は動物と直接触れ合うことができないため、実生活や実務で動物に触れ合う機会を設け、扱いに慣れておく必要があります。

動物看護師に求められる人物像

動物看護師として勤務することで、ペットが元気になって飼い主と共に帰宅する様子は何にも代えがたい喜びがありますが、中には治療が及ばず、つらい場面に立ち会わなければならないこともあります。
そういった部分を含めて、責任感とやりがいを持って業務に取り組むことが求められます。受付業務やカルテ作成、清算処理など事務的な要素も含まれますので、事務スキルがあると業務を円滑に進めることができるでしょう。
ペットトリマーなどの経験も、動物の扱いに慣れていると判断される場合もあるため、採用の際にアピールすると良いでしょう。

「動物看護師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧