フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性医療ソーシャルワーカーの仕事内容

医療ソーシャルワーカーの仕事内容

社会復帰をサポートする「医療ソーシャルワーカー」

医療ソーシャルワーカーの仕事内容

医療ソーシャルワーカーの仕事内容は病院などでケガや病気になってしまった患者やその家族に対して、社会福祉の観点から患者やその家族が直面している問題を解決するため、社会復帰する手助けを行います。略称をMSWと言い、現場ではこの名前で呼ばれることが多いです。病院で勤務する場合は、入院している患者のカンファレンスに参加したり、患者と医療チームの間に立って、治療スケジュールと社会復帰のスケジュールの調整業務を行います。
医療ソーシャルワーカーは特に社会復帰に焦点を当て、活動します。業務上、患者と家族、医療チームとのコミュニケーションが必須となります。それぞれを結ぶ調整力も大切な資質となるでしょう。

医療ソーシャルワーカーの求人特徴

医療ソーシャルワーカーとして働くためには、「社会福祉士」の資格を取得すると良いでしょう。必ずしも資格が求められるわけではありませんが、「社会福祉士」の資格を有することで円滑に業務を進めていくことができるため、採用の際に「社会福祉士」の資格取得者を求める企業や医療機関が多い傾向があります。
社会福祉士を取得するには、大学や専門学校で指定科目を学び、研修や実習を行った上で受験するのが一般的ですが、受験資格は多岐に渡るので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。
勤務地は病院やクリニック、リハビリステーションなどが主です。また、近年注目されている、訪問医療のチームに帯同し、業務を行う働き方も増えています。

医療ソーシャルワーカーに求められる人物像

医療ソーシャルワーカーとして求められるのは、ホスピタリティを持って業務を行うことです。社会福祉の観点から課題解決へアプローチすることが多いので、現在の社会問題に興味を持ち、現状の社会福祉がどこまで患者やその家族をサポートすることができるのかをいうことを考え、日々学習をし、情報を入手する必要があるでしょう。
関連する資格の取得にも貪欲に取り組むことができると業務の幅が広がるので、向学心がある方に向いている職業と言えるでしょう。

「医療ソーシャルワーカーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧